NASに接続できない?

  • 2018.05.18 Friday
  • 12:25

 

バッファローのNASに接続できないというので、

 

確認すると、

 

ネットワークエラー(0x80004005)で接続できないとメッセージが

 

試しに別の共有を開くと普通にアクセスできる。

 

なんでだ?

 

net useを試したところ、smb1.0は危険だというメッセージでエラーが

 

それを元にさらに調べると、

SMB 1.0/CIFS クライアント を有効にするということで、

 

Windows の機能 から該当の項目にチェックを入れて再起動したら繋がりました。

 

 

ちなみに、別の共有はWindows10パソコンだったので、普通に繋がったという感じです。

 

参考URL

共有フォルダに接続できない

 

Windows 10のパソコンからアクセスすると「指定されたネットワーク名は利用できません。」

または「安全ではないため、ファイル共有に接続できません。」と表示される (I/O data)

 

 

Buffalo TurboPC EX SeriesでWindows Update(Grade)が出来ない?

  • 2018.03.10 Saturday
  • 10:21

 

ごめん、なんかWinodws10のセットアップ画面が出てきたけど、

先に進めないのだが何でだ?

 

という質問

 

キャプチャをもらうと、

Buffalo TurboPC EX Series を手動でアンインストールしろという画面で先に進めないようだ。

 

アプリの削除画面やプログラムの一覧、

果てはC:¥Program Filesを見てもBUFFALO関連のフォルダやプログラムは登録されていない。

 

おそらく以前のアップデートで削除したからだと思うのだが、

インストールされていない物を消せと言われても・・・

 

唯一あるのはCドライブ直下のBUFFALOフォルダくらい

 

とりあえず、ネットで検索すると、全く同じ事象にぶつかっている記事がありました。

 

次の作業が必要です BUFFALO TurboPC EX series 手動でアンインストール と表示されたら【Windows10 Update】

 

これと全く同じ事象で、BUFFALOフォルダにDriveNavi_HDD何たらというフォルダがありました。

 

この他にフォルダはないので、BUFFALOフォルダなど不要なので、まるごと削除で解決。

 

おそらく大型アップデート時にCドライブ直下に余計な物があると

アップグレード出来ない可能性がある。

 

 

FujitsuサーバのServerView RAID Managerが見られない

  • 2017.09.20 Wednesday
  • 13:00

 

Fujitsuサーバ環境でRAIDコントローラを管理する ServerView RAID Manager が立ち上がらないらしい。

 

確かに、開くと・・・

 

 

SJT.SJTApplet が ClassNotFoundException というエラーで止まってしまう。

 

 

IE11がいよいよJAVAを拒否するようになった?

ChromeもFireFoxもJAVAは起動できないので、どうにかIEで動かすしかないのだが、どうすれば良いだろう

というか、ServerView自体がIE11で起動できるようになっているので(はずなので)、

何か方法はあるはずだ。

 

ちなみに、最新版を入れても同じ症状、バージョン履歴にそれらしい履歴はないので、ServerView自体のバグではないようだ。

 

 

とりあえず、試しに、JAVAがインストールされている場所にある lib下のappletフォルダに sjt.jarをコピーしてみると

 

 

今度は別のエラーで止まってしまった。

何となく、sjt.jarが正しくキャッシュされていないようだ。

 

 

先に進む前に、SecurityException エラーが出ているので、

こちらのログについても確認すると

 

 

??hostname の文字に不正な文字が含まれていると書かれている。

その文字は、どうやらサーバー名の _ (アンダーバー)のようだ。

(18文字目がどこから18文字目なのかよく分からないが、先頭を0として数えると18文字目が _ )

 

もしかして、サーバー名に記号を使ってはだめ?

 

うーむ、いまさらサーバ名を変更するのも面倒だし、試しに、localhostでやってみるか

 

JAVA起動!

 

 

とりあえず、起動することができました。

 

 

 

空白文字の記号を表現する方法を考える

  • 2017.09.19 Tuesday
  • 12:59

例えば、

 

abc def

 

とあって、そのabcとdefの間が半角スペースであることを表現したいことがある

 

代用文字で、

 

abc○def ※○は半角スペースです

 

見たいな方法もあるが、仮に文章中に○があった場合など紛らわしい。

 

そこで、板書とかよくで使う、

といった記号が文字コードにあるのか?

 

ということで、文字を調べていると、ほほう、空白記号(コード2423)というのがUnicodeにあるようです。

 

文字変換では出てこないので、文字パレットからのUnicode表から入力が必要

 

 

ただ、自分の環境ならいいとして、人にファイルを渡したときに果たして表示されるのか不安

 

ちなみに、このブログに使ってみると

 

 "␣"

 

↑""の間に表示されますか?

表示されるならそれでいいのではありますが。

(Chrome、FireFox、Edgeは表示されました、Word、Excelも問題なし、メモ帳も読めます。

 エディタ系はUnicodeが認識できないと表示してくれません)

 

 

例えば、Wordの場合はこんな感じで無理矢理書いてみるというのでも良いかもしれない。

 

まず、[  (カッコ、半角スペース、半角スペース)と入力して、それを選択した状態で、

ホームリボンの拡張書式から、縦中横を選択

 

ダイアログが表示されるので、そのままOKをクリック

 

 

入力した文字が横に変形して、何となく半角スペース記号っぽくなる

 

サイズを小さくして微調整してみると更にそれっぽく

 

 

 

この前使ったファイルはどこだ?

  • 2017.09.15 Friday
  • 12:10

 

あれ?この前書類に貼り付けた写真はどこへ行った?

 

だいたいファイルと同じところに置いておくのだが、

どうやら違うところに置いてしまっていたようだ。

 

というか、最近記憶力落ちたせいか、見つからない・・・。

いや、そんなもの存在していない?それはない

 

 

さて、そういった使ったファイルの履歴なんてOSとかに残っているのであろう・・・か?

 

 

そういえばクイックアクセスという機能がWin10にあったからそれで探せる?

 

とは言っても最近使った20件のみ・・・

 

まぁめったにこの機能を使うこともないので、クイックアクセスからどんどん履歴を削除して、

 

 

ようやくたどり着いた、そうだ別の書類で使うからこっちに置いたのか!

 

 

基本的にファイルアクセスの履歴ツールのようなものを入れないとファイルのアクセス履歴は残りませんが、

簡易的にどのファイルを使ったのか見るのに役に立つかもしれない

 

GoogleMapのルート検索の結果をエクスポートできるのか?

  • 2017.08.02 Wednesday
  • 18:11

 

GoogleMapでよく使う(?)ルート検索

このルートの検索結果をKMLでエクスポートできるのか?

 

といった検索があったので、気になったので調べて見た。

 

普通のGoogleMapで検索したルートについてはエクスポートの機能は残念ながらないようだ。

(URLを共有したり、地図をはめ込む機能はあるが、KML化する機能やマイマップに登録する機能はなさそうだ)

 

 

以前、エクスポートの方法を書いたが、

その方法(マイマップ)であればできそうなので、その方法を書いてみる。

 

まず、マイマップを作成して、

ツールの中の ルートを追加 をクリックする。

 

 

 

レイヤが追加されるので、

ルートのスタートとゴールを検索する

(残念ながらGoogleMapのようなクリック機能はないようだ(?))

 

 

ルートを決めると検索結果が表示される

 

ちなみに、車、自転車、歩きの3種類が選択できる。

鉄道は検索できないようだ。

 

 

必要ならルートを編集して、

 

あとは、以前の通りKMLで落とす

 

 ↓

 

 

上のルートがKMLで落とせる

 

 

こんな感じでルートの緯度経度を取得することは可能のようだ。

 

 

 

DELLサーバのRAIDディスク取り替え作業

  • 2017.05.26 Friday
  • 11:20

 

あまりにもやらないので、

やり方を忘れてしまったので、覚え書きしておく

 

DELLサーバのハードウエアRAIDでのディスク交換

 

まず、Windows版やUNIX版の

ブラウザ上でRAIDなどを確認するための

 

Open Manage Server Administrator

 

を入れておく必要がある。

 

 

このツール、デフォルトで入っている場合でも、

なぜか起動できないこともあるので(かつては起動できたはずでも)、

一度アンインストールして、最新版をインストールすれば解消されるようだ。

 

 

起動するとIEなどのブラウザが起動する。

Windowsではセキュリティとかいうメッセージが出るのだが、

キャンセルしても先に進めるようだ

 

 

続いてOpenManageのログイン画面が出るので、

サーバの管理者権限でログインする。

 

 

システム→ストレージ→RAIDコントローラ→コネクタ

の順にたどり、仮想ディスクを表示させる。

 

交換対象のディスクがある仮想ディスクを選択して、

 

 

対象のディスクをオフラインにしてあげる。

 

 

オフラインにしていいかメッセージが表示されるので、

オフラインボタンを押すのだが、

 

オフライン前に、対象ディスクを点滅させて、確認

 

 

確認したらオフラインして、OKでディスクをオフライン

 

 

もう一度仮想ディスクを確認して、

仮想ディスクが劣化になっていて、

 

オフラインになっていることを確認し、

 

 

ディスクをガッツリ抜き取る

 

 

仮想ディスクを確認すると取り外されていることが確認できる。

 

 

ちなみに、別のところに挿すと、別のディスクとして認識され、

仮想ディスクでも、反応してくれない。

 

正しく抜き取った箇所に入れる必要がある。

 

 

正しくディスクをセットすると、自動的に再構築が始まる。

※ちなみに、抜き取ったディスクを再挿入しても再構築となってしまう

 

その間はオフライン設定はできない。

(まぁオフラインした時点で仮想ディスクのすべてが失われるので当たり前ではある)

 

再構築中は例によってアクセスランプがチロチロする。

 

 

再構築をキャンセルすることも可能である。

 

 

アクセスランプのチロチロがなくなったくらいで

仮想ディスクを再確認すると、挿入したディスクがオンラインとなり、

タスクが通常の状態になる。

 

 

これで再構築が終わる。

 

 

なお、古いサーバ等で、同じ容量のディスクが既に販売終了になっている場合、

容量が大きいディスクを購入することになるのだが、

 

その場合、認識される容量は一番小さい方で認識される。

 

例えば、既存が250Gで、500Gの交換ディスクしかなかった場合、

500Gのうち、250Gだけ認識されて構築されるようである。

 

 

さて、ディスクはこのやり方でOKのようだが、

もし電源が冗長化されているサーバの場合で、電源を交換する場合は、

特にディスクのようなオフラインはないようで、

いきなり電源ユニットを抜き取ってよいようである。

 

 

関連投稿

DellサーバRAID構築〜PERC H710 Lifecycle Controller編

DellサーバRAID構築〜PERC H710編

 

 

Windows10 1703にしたら

  • 2017.04.07 Friday
  • 12:29

 

昨日から先行してISO提供されているWindows10 1703にアップデートしたら、

別系統のネットワークに繋がらない

 

route print してルーティングが設定されているのに・・・。

 

試しに、削除(route delete)して、再設定してみたら、通るようになりました。

 

 

前回までのアップデートではせっかく消した不要なアプリ(Bingなんたらとか)を

再インストールしてくれる機能が付いていましたが、

 

今回のアップデートでは既に削除したアプリは再インストールされなくなったようです。

 

あと、ペイント3Dは何に使えるか未知数ですが、

なかなか面白いですね。

 

Dell NX3230(NASサーバ)を再構築してみる

  • 2017.03.28 Tuesday
  • 22:37

 

大量のデータなどを保存しておくのに、市販のHDDではいくら台数があっても足りないし、

物置があっても足りないのではというくらいHDDが山積みになってしまう。

 

ついこの間までHDDは1Tとか2Tだったのが、

ここ最近になり、10T HDDとか販売されるようになり、

1台のサーバに100Tとか積めるようになった。

 

ということで、大容量のストレージサーバを買ってみた。

 

まぁ買ったらそのまま使えるようになっているので、

何も考えずにゴリゴリ設定すれば良いだけなのだが、

 

なにぶん初期設定が嫌いな性分なんで、RAID構成とか変更してみることに

・・・となんだかんだ書きますが、結局元の状態に戻して使用していますが・・・

 

RAID構成に関してはずいぶん前に書いた方法でできるようなので、

そちらを読んでもらうことにして、

 

 

初期化したので、再インストールが必要になる。

とりあえず下のページを参考にインストール

 

[NAS] PowerVault NASシリーズにおけるOSインストール手順 for Windows Storage Server 2012

 

と思うのだが、そんなに簡単にはいかなさそうだ・・・

 

 

インストールは通常サーバとは異なり、

Lifecycleからはできないようなので、DVDを入れて再起動

 

ただ、起動順などを設定していないとHDDを読みに行ってしまうので、

F11でDVDドライブを選択しつつ、起動が必要である。

 

とりあえず、設定してDVD起動すると・・・
 

 

再インストールするのに、Virtual Disk 0 を消して良いかということで、

Noボタン、

Delete existing Virtual Disk 0 and procees with reinstall oparetion

を選択する。

 

※Yesだとキャンセルされてしまうので注意

 

 

実行すると永久に失うよ→Yes

 

 

これでインストールが開始される・・・ようだが、動いているのか分からない

 

そして、待っていると、こんなメッセージが

 

 

どうやらスクリプトが 応答なし になっているというメッセージのようだ。

 

これはまずいのでは!と思ってしまうのだが、

このメッセージには全く触れないように無視する。

無視する!絶対に無視する!!

 

もし、このメッセージに触れてしまうとスクリプトが停止して、

永遠にインストーラが起動しないことになるので、要注意、いや、厳重注意!!!

 

とにかくインストール作業(インストール初期処理)が終わるまでは手を付けずに放置すると・・・

 

ようやくWindows Storage のインストーラが起動する。

 

インストールが終わってOSを立ち上げるのだが、

次を見逃してしまうと大変なことになるトラップ

 

 

デフォルトパスワードは Stor@ge! だよ

 

見逃したら、上のサイトにも載っているので慌てなくても大丈夫であるが、

英語圏でない人間だと絶対スルーしてしまいそうなので注意

 

 

さて、インストールできたので、上のページを参考に

C:¥Dell_OEM¥MUI の JA-JP.BAT を実行して日本語化

※もし作られていないような場合は、DVDにも収録されている

 

 

 

順調のように見えたら・・・

 

あれ?キーボードから日本語使えない???

調べてみると、次のサイトを見つけたが・・・

 

Windows Server/Windows Storage Server 2012のキーボード日本語化について

 

この通りにやっても全く効果なし・・・。

いろいろな日本語キーボードに変更しても全く日本語が打てない

 

 

 

仕方ないので、キーボードは後回しにして、

他のデバイスとか言うのが警告マークでリストされているのでそちらから

 

 

Lifecycleから入れられればこの辺は入れてくれるのだが、

DVDからだとOS以外は入れてくれないようだ。

 

不親切にドライバCDもないので、いろいろ調べてみると、次のサイトを見つけた

 

PowerVault NX400のStorage Server 2012ドライバー

 

なるほど、もしかすると、NX3230もチップセットがらみかもしれない

ということで、ドライバを探しに行く

 

Dell Storage NX3230のサポート

 

 

スクロールして、チップセットを探すとありました。

 

 

チップセットをダウンロードして、インストールすると

 

 

 

消えました。

 

 

さて、キーボードは相変わらず日本語が打てない

とりあえず、Windows Updateしたら、DellのDriverが入っているので、

アップデートしてみても、

 

 

効果なし?

 

面倒なので、デフォルトのキーボード(HID キーボードデバイス)に戻したら、

 

 

なんかよく分からないけど日本語が使えるように。

 

もしかするとアップデートでドライバが更新された、もしくはチップセット同様に正しいドライバがインストールされたのかも

 

関連記事
DellサーバRAID構築〜PERC H700編
DellサーバRAID構築〜PERC H710編
DellサーバRAID構築〜PERC H710 Lifecycle Controller編

 

Visual Studio 2015の調子がおかしい?〜Windows Updateが原因

  • 2017.03.23 Thursday
  • 12:53

 

2日くらい前に久しぶりにWindows Updateをかけた翌日くらいから、

なんだか調子がおかしい

 

自分の場合はVisual Studio 2015で改行すると変なところに飛ばされたり、

使っていくうちに、ファイルが上書き保存されなくなる不具合まで、

 

一度消そうとexplorerを立ち上げると、バタバタと落ちる

 

調べてみるとUpdateした時に入れたKB4013429というのが原因らしい。

 

Windows Updateを再度かけてみるとFixしたアップデートが公開されていた

KB4015438

 

解消されたかどうかはまだ分からないが、たぶん大丈夫かな?

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

search this site.

よく使う、検索される投稿

categories

アマゾン

楽天

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile


※当ブログはリンクフリーですが、 取材や雑誌等で掲載される場合は、事前にお知らせください

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM