Windows 2008 Server R2 で NTPサーバ(タイムサーバ)を構築してみる

  • 2010.11.05 Friday
  • 21:18


Windows 2008 Server R2のNTPサーバ(タイムサーバ)の構築方法をいろいろ探してみたのだが、
全くといっていいほど文献がないので(ほとんどがコマンドかレジストリをいじる方法で、場合により再起動が必要になる
また、顧客へ納めるサーバとかの場合、レジストリと言うだけで難色を示すが、レジストリをいじらない方法に関しての文献が少ない)、

そこで、GUIから設定(グループポリシー)できる方法を覚え書きしてみる。

見た目はGUIでの操作ですが、結局レジストリをいじっていることには大筋代わりありません。
w32tmコマンドがなれている方はそちらからの設定をお薦めします。

また、グループポリシーをいじるとコンパネ(日付と時刻)からの設定操作ができなくなってしまいます。


クライアントの設定方法は続きの記事をご覧ください。


参考URL
Windows Server 2008 の Windows タイム サービスとこれにより発生するインターネット通信


Windows 2008 Server R2、Windows 7 Professional、Windows7 Ultimate 版で試しています。
それ以外は分かりません
※XPでもできるようです。一番下(続きの)に追記

細かいチューニングもできるようですが、ここでは必要最低限の設定しか投稿していませんので、
分からない場合は、文献をあさって調べてください。
たぶん質問されても答えられません・・・



■NTPサーバを構築してみる
※画像はクリックすると大きくなる(と思います。)

1.スタート→ファイル名を指定して実行を選択
※windows8やwindows 2012 sever の場合のgpeditの出し方は、続きの末尾に補足しました。

NTP設定

2.gpedit.mscと入力してOK

NTP設定


今後もよく使うようであれば、下記URLの方法でコントロールパネルに追加できるようです。

管理ツールにグループポリシー(gpedit.msc)を追加したい



3.ローカルグループポリシーエディターから
  Windowsタイムサービスを探し出して(下記)、
  タイムプロバイダーのWindows NTPサーバを有効にするをダブルクリックして開く

NTP設定


4.有効を選択してOK

NTP設定


5.管理ツールのサービスを開いてWindows Timeサービスを再起動する。

NTP設定

これでおしまい。


※補足
サービスは再起動してしまうと停止してしまうので、
自動(遅延開始)を設定しておく必要があります。自動では起動できないようになっているので、注意です(下記参照)。

参照
Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のスタンドアロン環境で Windows Time サービスが自動的に起動しない


あとは、クライアントから設定すればたぶん接続できるはず。

NTP設定


もし、出来なかったよという場合は続きをどうぞ


追記
簡単な確認方法として、コマンドプロンプトからnet timeコマンドを打ってみると良い

net time ¥¥サーバ名orIP /set /y

もし、システムエラー5が出る場合は認証されていないので、

net use ¥¥サーバ名orIP パスワード /user:ユーザー名 & net time ¥¥サーバ名orIP /set /y

で認証と時刻同期ができる。
(net useで認証して、net timeでも可)

※¥は半角

追記101111

 




■接続できなかった場合の対処

つながらなかった場合の一例
NTP設定

ピアに到達できません や タイムアウト っていうのもある。



1.Windowsタイムサービスの直下にあるグローバル構成設定をダブルクリックで開く

NTP設定


2.有効にして、
オプションの中程にある一般パラメータのAnnounceFlagsを5にして、OK

NTP設定

※余談
参考URLのWindows タイム サービスの構成設定という部分に数値の内容が書かれている。
5=1+4の設定であるので、

1:常にタイム サーバーとなります。
4:常に信頼できるタイム サーバーとなります。

という意味合いを持つNTPサーバだよって設定になる(たぶんね)


3.サービスからWindows Timeサービスを再起動してみる。



これでもつながらない場合はたぶんファイアーウォール

■ファイアーウォールを設定してみる

1.コントロールパネルからファイアウォールを選択して、詳細設定をクリック。

NTP設定


2.セキュリティが強化されたWindowsファイアウォールの
受信の規則から、新しい規則を選択してウイザードにしたがって、ポートの登録をする。

NTP設定

3.規則の種類からポートを選択

NTP設定

4.プロトコルおよびポートからUDPを選択して、
特定のローカルポートに123を入力する(NTPサーバの設定によってポート番号を設定)
※受信はローカルポートだけ設定します。リモートポートに設定しているとクライアントから接続できない場合があります。

NTP設定

5.操作から接続を許可するを選択

NTP設定

6.プロファイルは対象のプロファイルをもれなく選択

NTP設定

7.適当な名前をつけて、完了

NTP設定

8.たまにつながらないので、試しにWindows Timeサービスを再起動してみる。
クライアント側も根気よく連打すればつながることもある?


●DNSを設定してみる
例えば、ドメイン名で取得するような場合、DNSが設定されていないと取得できないことがある。
試しにIP直打ちで取得できる場合は、DNSが正しく設定されていないこともあるので確認してみるとよい。
または、hostsファイルでIPと名前が解決できていないなども考えられるので、
その辺も確認してみると良いかもしれない。




さらに続く(クライアント側での設定)



追記
gpedit.mscの項目の並びがやや異なりますが、
XPの場合でも同じようにできます。

ntpサーバ XP



補足
windows8やwindows 2012 serverのgpeditの出し方は次の通りです。

スタートかディスクトップかで画面右をマウスでポイントし、チャーム一覧を出します。

メニュー

チャームの中の検索チャームをクリックし、
検索欄に、gpedit.mscと入力すればgpeditが左欄に検索されるので、
それを実行します。

windows8 プログラム 探す


追記
設定がうまくいっていない様子ならば、システムログから同期が正しく行われているか確認してみると良い。
こちらのページが参考になるかと思う
NTP時刻同期サービスのトラブルシューティング
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック
2015-10-01 イベントビューア エラーログリスト追加更新、一部追加修正 2015-05-18 一部修正 2015-03-24 タグ修正・一部ページ内配置修正・その他いろいろ修正 2015-02-28 一部修正 2015-02-26 一部修正 2014-11-24 いろいろ修正
  • awgs Foundry
  • 2015/10/01 10:16 PM

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

search this site.

よく使う、検索される投稿

categories

アマゾン

楽天

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile


※当ブログはリンクフリーですが、 取材や雑誌等で掲載される場合は、事前にお知らせください

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM