気象データを解く〜データを入手する

  • 2012.06.25 Monday
  • 23:13

気象データを解析しようと思うが、
どこから入手すればいいのか、どうやって解析すればいいのかについて覚え書き

できるだけ多くの気象に興味のある人(特にこれから研究しようとしている学生さん)に、
気象の知識だけでなく、コンピュータで気象解析ができるようになってくれればと思っています。



■データを入手する
気象データは本来は気象業務支援センターから購入するのが正しいルートだが、
学術的な利用に限り次のページから入手できる。

地球流体電脳倶楽部

URL先から データサーバ → 気象庁データ → 数値予報GPV → 欲しいデータの日付
の順にページをたどり、データを入手できる。

当たり前であるが、営利目的や頻繁に使われる場合の利用はNGである
そういった場合は、気象業務支援センターからちゃんと購入しましょう。


※筑波大学計算科学研究センターからも入手可能である。

GPV/JMA Archive

ユーザー登録制となっているので、Data Descriptionからマニュアルをダウンロードして
登録の方法を読んでもらえばよい。

なお、こちらも学術が目的とされているので、営利目的等での利用は禁止されている。



■GRIBのドキュメントを入手する
上記サイトから支援センターのリンクがあり、データ内容(何が入っているのか)の概略があるが、
基本的に一般には公開されていないので(有料で資料を入手する必要がある。下記※参照)、
どのような形でパッキングされているかはわからない。


例えば、テキストで開いてみるとこんな感じで入っている訳だが・・・
00やらFFやらなんのこっちゃさっぱりです

気象データの中身



しかし、データはGRIB2形式でできていることは上記サイトの概要ファイルや、
データのファイル名、中身から読み取ることができる。

つまり、基本的な書式はGRIB2のドキュメントさえあれば解読できるはずなので、
下記WMOサイトからGRIBのドキュメントをダウンロードすればよいわけである。

WMO INTERNATIONAL CODES


Manual on Codesが本編となるが、やたらページ数が多いので、
まずは、URL先の Guide to FM92 GRIB Edition 2 というガイドドキュメントのがよいと思う。

途中からこのガイドドキュメントにないコード表などが出てくるので、
そこで初めて本編を読んでいく。


当たり前であるが、中身はすべて英語である。

これから解析をしようと思っているなら、
そんなに難しいことは書かれていないので解読はできると思うが、

どうしても日本語アシストがほしいなら、

「気象庁提供データ」を使おう GRIB2を併せて読むとよいと思う。

(リンク切れとなってしまったので、いよいよ英語で読むしかなさそうだ)


ドキュメントの内容を要約すると、GRIB2の構造はこの通りなので、
あとは、データの内容が何を意味しているのかについて解読できればよいわけである(そこはがんばって英語を読むしかないが・・・)。



さて、データやとりあえずドキュメントもそろったので、次回から解読していくことにしよう。



※仕様については気象業務支援センターからたぶん購入できるはず?
 一般人が購入できるかどうかは分からないので、直接問い合わせてみてください。

 MSMの仕様書
 配信技術に関する技術情報 第205号(1827円)
 平成18年3月からの数値予報モデルGPV等の変更について

 GSMの仕様書
 配信技術に関する技術情報 第245号(1470円)
 全球数値予報モデルGPVの変更並びにメソ数値予報モデル33時間予報、
 全球波浪数値予報モデル及び沿岸波浪数値モデル各GPVの配信について

 のようです。

実際の価格について希に検索がありますが、
気象業務支援センターのホームページに負担金等のページがありますので、そちらをご覧ください。
ページ入って、左メニューのセンターの事業欄、オンライン気象情報をクリック、
メニューが開くので、ファイル形式をクリックすると右にページが表示されます。
ページの右上に負担金というタブがあるので、そちらに、初期費や月々の料金等が書かれています。
詳しくは気象業務支援センターにお問い合わせください。


■140725
気象庁ホームページから仕様書のダウンロードが可能となりました。

例えば上記技術情報の場合
配信技術に関する技術情報 第205号
平成18年3月からの数値予報モデルGPV等の変更について


配信技術に関する技術情報 第245号
全球数値予報モデルGPVの変更並びにメソ数値予報モデル33時間予報、
全球波浪数値予報モデル及び沿岸波浪数値モデル各GPVの配信について


といった感じになります。




関連投稿
気象データを解く〜データを開く、前に用語とか整理
気象データを解く〜データを開く まずは基本的な第0節から
気象データを解く〜データを開く 第1節を読む
気象データを解く〜データを開く 第3節を読む
気象データを解く〜データを開く 第4節を読む
気象データを解く〜データを開く 第5節を読む
気象データを解く〜データを開く 第7節を読む
気象データを解く〜データを開く 続くデータを見ていく
気象データを解く〜データを開く surfファイルを読む
気象データを解く〜データをパソコンで解析する その1
気象データを解く〜データをパソコンで解析する その2
気象データを解く〜データをパソコンで解析する その3

単位変換や気象計算覚え書き
単位変換覚え書き〜風向風速

修正120704 ガイドドキュメント、リンク切れについて


関連URL
気象業務支援センター
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

search this site.

よく使う、検索される投稿

categories

アマゾン

楽天

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile


※当ブログはリンクフリーですが、 取材や雑誌等で掲載される場合は、事前にお知らせください

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM