気象データを解く〜データを開く 続くデータを見ていく

  • 2012.07.20 Friday
  • 12:47

気象データを解析しようと思うが、
どこから入手すればいいのか、どうやって解析すればいいのかについて覚え書き

できるだけ多くの気象に興味のある人(特にこれから研究しようとしている学生さん)に、
気象の知識だけでなく、コンピュータで気象解析ができるようになってくれればと思っています。


さて、第7節まで解読し、第8節が出てくるまで4〜7節を繰り返して読んでいくことになるが、
どういったデータが入っているのか見ていくことにする。

前回取得したデータは
1000hPa面の高度と思われるデータが入っていた。

次のデータを読むと

10オクテット目が2、11オクテット目が2でそれぞれテーブル4.1と4.2をみると

2 Momentum、2 u-component of wind

と書いてある。

第4節で流したが、

10オクテット目の値はテーブル4.2のパラメータカテゴリに一致し、
上の例の場合は、

2 Momentum → テーブル4.2の Meteorological products, parameter category 2: momentum を見ろ

といった感じになる。

したがって、

2 Momentum、2 u-component of wind

が解読されるわけだ。


続きを読む >>



関連投稿
気象データを解く〜データを入手する
気象データを解く〜データを開く、前に用語とか整理
気象データを解く〜データを開く まずは基本的な第0節から
気象データを解く〜データを開く 第1節を読む
気象データを解く〜データを開く 第3節を読む
気象データを解く〜データを開く 第4節を読む
気象データを解く〜データを開く 第5節を読む
気象データを解く〜データを開く 第7節を読む
気象データを解く〜データを開く surfファイルを読む
気象データを解く〜データをパソコンで解析する その1
気象データを解く〜データをパソコンで解析する その2
気象データを解く〜データをパソコンで解析する その3


次のカテゴリーは

2,3(オクテット10,オクテット11)で

2 Momentum、3 v-component of wind


面倒なので、続くカテゴリーを書き出していくと、

0 Temperature、0 Temperature
2 Momentum、8 Vertical velocity (pressure)
1 Moisture、1 Relative humidity

となり、再び 3 Mass、5 Geopotential height となっている。


ここまで解読して、配信データと比べてみると、

3 Mass、5 Geopotential height → 高度データ
2 Momentum、2 u-component of wind → 風の東西成分
2 Momentum、3 v-component of wind → 風の南北成分
0 Temperature、0 Temperature → 気温
2 Momentum、8 Vertical velocity (pressure) → たぶん上昇流
1 Moisture、1 Relative humidity → 相対湿度

のデータにそれぞれ一致すると思われる。

さて、再び3,5が出てきたが、
第4節の25〜28オクテットを見ると 00 00 03 CF(975) という数字が出てくる
975という数字を配信データで見ると気圧面に975hPaというデータがあるようだ。

つまり、前回の1000という数値は1000hPaで間違いなさそうだ。

以降25〜28オクテットを読んでいくと

950、925、900、850、800、700、600、500、400、300、250、200、150、100
と続き、再び1000に戻るようだ。

戻ってきて何が変わっているか確認してみると、

第4節オクテット19〜22の予報時間が00 00 00 03で3時間となっている

これは、第1節の13〜19オクテットの時間から3時間後を示す数字、
つまり、2012年6月27日3時0分0秒(UTC)の予報データを示す。

配信データにも気圧面は3時間おきとなっているので、続きを確認すると、
6、9、12、15と3時間おきに固まりが続いて、そして、ようやく第8節にたどり着く。


1ヶ月近くかかったが、ようやくダウンロードした
Z__C_RJTD_20120627000000_MSM_GPV_Rjp_L-pall_FH00-15_grib2.bin
のすべてのデータが取り出せたことになる。

お気付きかもしれないが、配信データには降水量や雲量データも入っていると書かれている。
これは、もう1つある
Z__C_RJTD_20120627000000_MSM_GPV_Rjp_Lsurf_FH00-15_grib2.bin
に入っているようだ。

次回はこれを見ていくことにする。




検算の意味で解法式(値のみ)を取り出しておく。
※カテゴリ(10オクテット値,11オクテット値) R(小数第5位) E D の順で表記

1000hPa 予報時間=0
3,5 52.38659 -5 0
2,2 -17.47025 -7 0
2,3 -8.807111 -7 0
0,0 278.5344 -7 0
2,8 -2.11128 -9 0
1,1 13.08115 -5 0

1000hPa 予報時間=3
3,5 42.91159 -5 0
2,2 -15.34685 -7 0
2,3 -7.860355 -7 0
0,0 278.3342 -7 0
2,8 -2.074229 -9 0
1,1 10.29077 -5 0

100hPa 予報時間=15
3,5 16454.33 -3 0
2,2 -15.82029 -7 0
2,3 -21.22631 -7 0
0,0 196.2603 -7 0
2,8 -0.2778482 -12 0

長くなるので、3例くらいにしておく。



関連投稿
気象データを解く〜データを入手する
気象データを解く〜データを開く、前に用語とか整理
気象データを解く〜データを開く まずは基本的な第0節から
気象データを解く〜データを開く 第1節を読む
気象データを解く〜データを開く 第3節を読む
気象データを解く〜データを開く 第4節を読む
気象データを解く〜データを開く 第5節を読む
気象データを解く〜データを開く 第7節を読む
気象データを解く〜データを開く surfファイルを読む
気象データを解く〜データをパソコンで解析する その1
気象データを解く〜データをパソコンで解析する その2
気象データを解く〜データをパソコンで解析する その3
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

search this site.

よく使う、検索される投稿

categories

アマゾン

楽天

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile


※当ブログはリンクフリーですが、 取材や雑誌等で掲載される場合は、事前にお知らせください

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM