アストロデアの電池交換をする

  • 2013.02.16 Saturday
  • 14:10

最近、アストロデアの時間が狂うので、電池交換をすることにした。



普通の時計と違って天文時計なので、
シチズンのコスモサイン時代は買ったところへ持って行っても自動でメーカー修理扱いとなった。

アストロデアもたぶん同じだろうと思ったが、一応買ったところへ持って行こうと事前に調べたら・・・
(買ったところは開発者の上原さんがいらっしゃったので)

なんと、AKIBA WATCH GALLERYは閉店、しかもアストロデアのホームページやブログまで封鎖となっていた。
おいおい、どうすればいいんだよ

唯一の手がかりは説明書。
ということで、問い合わせの所にある。修理受付のMBサービスセンターへ問い合わせをしてみることにした。

もし、メーカー修理(電池交換含む)の場合は、MBサービスセンターへ送っても大丈夫ですが、
電池交換であれば、百貨店などの時計売り場でも大丈夫とのことでした。

MBサービスセンターの場合は、ヤマトの代引きで返送されるということだ。

他のブログを見ると百貨店に持って行ったら店員が奥でゴソゴソ相談が始まったなんて話もあるので(あまりにも見慣れない時計のため)、

私は、MBサービスセンターへ直接出すことにした。
(もしメーカー修理となった場合、結局ここに行くことになるので)

その場合は、だいたい2週間くらいを見ておけば良いと言うことだった。


発送は、届けば何でも良いが、自分はヤマトで出した。
中に「時計と電池交換をお願いします」と、あと住所とか返送先を書いたメモを入れて。
(もし他に不具合があればかいておいた方がよい)


で、ご丁寧に、到着のお知らせと、修理終わりの案内をいただいて、
昨日およそ1週間ぶり(送って戻ってくるトータルは10日くらいでした)にアストロデアが電池交換されて帰ってきました。

内容を見るとパッキン交換や清掃もされていると言うことで、やはりメーカーに出して正解かなと感じました。

今回のお値段は、修理代(電池交換+掃除)が3000円、代引きが300円で、合計3465円(税込み)でした。
(内容によっては+αされます)


追記150707
だいたい2年くらいということで、だんだんと止まる間隔が短くなってきました。
ということで、再び電池交換へと旅立ちます。
→点検してもらったところ、通常を超える残留磁気が発生しており、
 それが影響してプチ停止を起こしている可能性が高いという連絡をもらいました。
 潤滑油もだいぶ減っている(らしい)、4年使用している(製造からは5〜6年経過している)ということで、
 オーバーホールすることにしました。
 オーバーホール(電池交換+磁気除去込み)の場合は代引き含めて14000円くらいになる予定です。
→ということで、ちょうど2週間で返ってきました。
 修理代(オーバーホール)12000円(税抜)+代引き400円(税抜)でした。

代引きが値上がったようです。


関連URL
ASTRODEA電池交換

シチズンお問い合わせ
ページ右下のシチズンカスタマーサービスお客様修理受付係の方
フリーダイアルがつながらない人は03-5613-8278


追記
時刻合わせなどの操作はほぼ同機種のカンパノラ コスモサインにありますのでどうぞ
カンパノラ コスモサイン操作ガイド


 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

search this site.

よく使う、検索される投稿

categories

アマゾン

楽天

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile


※当ブログはリンクフリーですが、 取材や雑誌等で掲載される場合は、事前にお知らせください

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM