プラレールの収納を作る

  • 2013.04.14 Sunday
  • 22:30

作ると言っても随分前から作ってはあったのですが、
自分の中では最終型かなと思っているのがようやくできたので、ちょっと紹介してみる。

その前に、基本的にレールは、市販の収納ケースにレール別に分けたりして入れていますが、

プラレール収納

プラレール収納
使った後で、ちょっとバラバラ

プラレール収納
いちばんかさばる橋脚は互い違いに入れるとかなりの数を入れることができます。


追記
意外に使えるのが、ティッシュの空き箱です。
これなら、小物を分類しながら収納できるので便利です。

ただ、最近の箱は処分しやすく簡単に分解できるので、ホッチキスでとめておかないと崩れてしまいます。

プラレール収納

プラレール収納




問題は今回の記事の本題である列車の収納。

プラレール専用ケースというのがあるにはありますが、
これは1ケース4編成で安くても2000円くらい。

プラレール収納


現在自分は推定で200編成以上はあるので、およそ50ケース、10万円必要な計算となる。
その都度買っていれば、あまり大きな額ではないのかもしれないが、
200編成が先にあると、このお金をドンと出すのはちょっと難しいお値段です。

しかも、50ケースとなれば、場所も取ります。
なるべくコンパクトに入れられるケースを・・・

ということで、5年ほど前に150編成は入れられる自作ケースを作ったのですが・・・

プラレール収納

プラレール収納

1万円で作ると予算を先に決めて作ったのが徒となり、列車の重みで底が抜けてしまうというひどいものになってしまった。

もうちょっとお金をかければましなものができたかなと思っている。

また、当時の編成数+αで設計したので、5年も経てば新車両が増えてあふれ出してしまう。

ということで、追加編成を入れるためのケースを作ることにした。
なるべくコストが安くて大量生産できるケースということで、工作用紙で作ってみたのだが・・・

プラレール収納

プラレール収納
多段式で5〜6段は積み重ねができるようになっている

工作用紙(堅めの紙)とは言え、なにぶん紙なので徐々にプラレールの重みで紙がゆがんでくる。
しかも、接着剤(木工ボンド)とタイヤのゴムが反応を起こすらしく、半年も経つとゴムが劣化するものも現れる・・・

やはり低価格で作るのは余りよろしくないということで、
もうちょっとしっかりしたケースを作ろうということにした。

それがこれ

プラレール収納

上は、TVで遊ぼう!僕はプラレール運転手のドクターイエローがやや長いので、ちょっとイレギュラーな入れ方ですが(下記)、
実際は、90度回転した向きに入れるので、1ケースにだいたい12編成くらいは入る感じとなる。

プラレール収納

積み重ねもOK
(現在20段ほど積み重ねで、そのうち家が沈むんじゃないかと心配も・・・このくらいではまだ沈まないかな)

木で作っているので、1ケースあたりがかなり重いのがかなりの欠点ですが、
今までの中ではかなり頑丈に作っているし、値段でも1ケースあたり1500円程度で12両くらいは収まるので、まぁいいかなと

ということで、ほぼこれが最終型かなと思っている。


ちなみに、内寸は450mmX500mmX70mmとなっています。
寸法の参考にしてもらえればと思います。


なお、通常のプラレール車両ですと450mmX450mmで十分入るモノは作れます。

500mmというサイズは上にも書いたドクターイエローやサウンドスチームなど、
通常よりもやや長めの特殊な車両まで考えた寸法となっています。

ちなみに、一番長いドクターイエローがだいたい450mmよりちょっと短いくらいなので、450mmでギリギリ入るという感じです。

なので、460〜470mmあればよいと思いますが、
資材で売っているのが、450mmの次が500mmなので、カットしないで(1カット30円とかなので)そのまま使っているというのがホントのところです。

プラレール収納

こんな感じで車両を収納しています。


コメント
これはすごい。すっきり収納できてますね。
うちのプラレールもどうしようかな。
収納は何とか頑張りました。
問題は写真に写っていない部分がものすごい荒れ果てていまして・・・
  • rockecco
  • 2013/04/17 7:43 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

search this site.

よく使う、検索される投稿

categories

アマゾン

楽天

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile


※当ブログはリンクフリーですが、 取材や雑誌等で掲載される場合は、事前にお知らせください

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM