bootcampのパーティションを破損させた〜復活の呪文を唱える

  • 2014.07.03 Thursday
  • 02:31

Mac完全移行しても、Windowsを希に使っているのですが、
WinXPのサポート切れ&なんだかBootcampなWinの調子が悪いので、
Win7を買って来て入れようと思ったのだが、

XPなBootcampパーティションの削除に失敗して(そもそもNTFSで無理くりBootcampしているというのもあるのだろう。通常はFAT32)、
Mac上からそのパーティションが見られなくなってしまった。

どうにかなるかと思いながら、ディスクユーティリティを開くのだが、
HDDは見えているようなのだが(キャプチャし忘れました)、
パーティションを変更したりするとエラーが出てしまい、変更やフォーマットを全く受け付けてくれない。

さて困った。

Macの場合、こうなってしまうとほとんどの場合お手上げである。
(復活の呪文があるとは思うが)

こういうときはWindowsというかDOS/Vパソコン(最近ではPCとかいうの?)が結構役に立つ

まずは、Mac(Mac mini Late 2009)をばらして問題のHDDを取り出す。
※Mac mini Late 2009の分解は他力ちゃんです。
たとえば、ここなどがよい→Mac miniのメモリとHDDの交換 勢いだけでやるページ



で、Winマシン(実機)に裸のHDDをUSBで接続できるケーブルを使って、取り出したHDDをつなげる



つなげると、こんな感じでGPT保護パーティションとして認識される。

Mac HDDを無理矢理修復

この状態ではフォーマットなどできないため、コマンドプロンプトからdiskpartを起動してクリア(初期化)する。
詳しい説明はやはり他力ちゃんで、こちらなどが参考になる→GPT保護パーティションを削除する

復活の呪文を唱えると、認識されなかったHDDが初期化されていませんディスク(Winで認識される)となる。
このまま初期化してもよいが、MacOSを入れるときにMacのフォーマットで初期化するので、
Winからディスクを取り外して作業を終わる。

Mac HDDを無理矢理修復

逆手順でMacを元に戻して起動すると、



まっさらなんで?マークが出てくる。



OSのディスクを挿入してしばらく待つかCキーを押すとOSのインストールが始まる。
※始める前にディスクユーティリティで修復したHDDをMacフォーマットで初期化しておく必要がある。

真夜中に何やってるんだか・・・。

やっぱりMacに返り咲いてもPCマシンは転がしておいた方がよいというお話でした。
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

search this site.

よく使う、検索される投稿

categories

■Google AD■

アマゾン

楽天

selected entries

archives

recent comment

  • Macで作った大きなファイルをWindowsへ分割して転送する
    rockecco (11/18)
  • Macで作った大きなファイルをWindowsへ分割して転送する
    汐里 (11/17)
  • H3 SRB-3燃焼試験
    rockecco (08/30)
  • H3 SRB-3燃焼試験
    綿棒 (08/29)
  • ブレークポイントは現在の設定ではヒットしません〜ソリューションのデバッグ
    B.T (08/09)
  • 山の白い看板
    rockecco (06/06)
  • 山の白い看板
    田舎人 (05/08)
  • あの、クラスとかメソッドとかプルダウンできるバーって〜Visual Studio 2015
    rockecco (04/27)
  • あの、クラスとかメソッドとかプルダウンできるバーって〜Visual Studio 2015
    NS (04/27)
  • MacでBlu-ray編 〜 BD-Rを焼く その3 サポセン編
    rockecco (04/23)

recent trackback

profile


※当ブログはリンクフリーですが、 取材や雑誌等で掲載される場合は、事前にお知らせください

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM