打ち上げ 見え方予報 しーた朗 〜 使い方

  • 2014.09.21 Sunday
  • 22:14

H-IIA F25のシータインターバル動画を検索された方はこちらからどうぞ
H-IIA F25動画


記事はここから>>>>

さて、もう2週間ほどでひまわり8号が上がりますので、
だいぶ前に投稿した見え方予報を再投稿しておきます。

打ち上げ 見え方予想〜しーた朗

こっそりはやぶさ2号(F26予定?)の軌道も入れ込んでいます。


さて、使い方を説明しますと書いておきながら放置していましたように思いますので、ここで投稿してみます。
 
■見え方予想ページを開く
まず、上のURLを開いて見え方予想のページを開きます。

打ち上げ 見え方予報 使い方

※上は既に計算した画面ですが、実際は真っ白のCanvasで開きます。
■軌道を選択する
開いたら、左下の打ち上げから描画する打ち上げを選択します。

打ち上げ 見え方予報 使い方
■観測地を入力して計算する
観測する緯度経度、標高を入力して、計算ボタンを押すと、
軌道計算してCanvasに結果を表示します。

開いたときの初期地は竹崎となっており、竹崎の写真と共に軌道計算されます。
(パノラマ写真が竹崎しかなかったという理由です)

打ち上げ 見え方予報 使い方

観測地欄右のボタンはプリセットボタンで、
各都市をワンクリックで計算します。

Googleとかから緯度経度を引っ張ってくる機能は気が向いたら取り付けますので、
それまでは手入力でお願いします。

 
自分で隠し機能を作っておいて忘れていましたが、次の方法で取得できます。

ブラウザでGoogleマップを開き、観測したい場所を右クリックして、
プルダウンメニューから「この場所について」を選択します。

打ち上げ予報

左上の検索ボックスの下に、緯度経度が表示されるので、
それを選択してコピーします。

打ち上げ予報

観測地の緯度入力欄に、コピーした緯度経度を貼り付けて、計算ボタンを押せば、
自動的に値を読み取って計算してくれます。
打ち上げ予報

ちなみに、Googleから取得しなくても、
 緯度,経度 の順でカンマ区切りであれば入力ミスがない限り、
カンマでスプリットして緯度経度に分けて計算するようになっています。
 
■軌道の凡例
計算された結果のラインの大まかな凡例は、

黒 ロケット軌道
赤 リフトオフ〜SRB-A
オレンジ 第2段燃焼
ピンク、紫、うす紫 落下物

と言った感じです。

ロケット軌道のみを取り上げると 赤→黒→橙→黒 と言った感じで変化します。
 
■カメラ機能視野角
おおよそのカメラ視野角を割り出すための計算機です。

打ち上げ 見え方予報 使い方

35mmフィルム換算での焦点距離と仰角、方位角を設定すると、
画面に四角い囲いが出てきます。

打ち上げ 見え方予報 使い方

Canvas上をクリックして仰角、方位角を変更することも可能です。
※適当に作ったので処理が重くなる場合もあります。

枠が邪魔な場合は0mmと入力します。
■背景画像変更
シータ朗ということで、リコーシータで撮影した画像をはめ込むことができます。

パノラマ写真を参照からファイルを選択し、計算ボタンを押すと画像が反映されます。
表示のチェックボックスを外すと、背景写真は描画しません。
背景が不要な場合に使用してみてください。

打ち上げ予報

画像サイズなどは以前書いたこちらで端折ります。
H-IIA F23見え方予想〜計算機 for THETA
 
端折りすぎもいけませんので、抜粋すると、

まずしーた朗の名前のシータというのは、ラピュタではなく、リコーの全天カメラシータのことです。

このカメラで撮影すると、↓このような感じでパノラマ写真(正距円筒図法)が撮影できます。

しーた朗 使い方

正距円筒図法写真を簡単説明すると、
縦に±90度、横に360度(※)の世界地図な写真が撮影できると思ってもらえればOKです。
※しーた朗では左端から北→東→南(中央)→西→北(右端)となるように設定されていますので、
シータで撮影する場合は、レリーズの反対側を南に向けて撮影します。

シータで撮影した画像は、スマホで取り込んだ場合は、2048x1024、パソコンは4096x2048となります。
しーた朗では、縦1080 x 横540pixel 以上の画像が最適です。
(シータ画像を取り込むと、自動で縮小します)

パノラマ写真がない場合はカシミールを代用してもOKです。

細かいところは上に貼ったリンク先を確認してください。
H-IIA F23見え方予想〜計算機 for THETA
 
■計算結果を保存
計算された画像を保存して、シータなどのパノラマアプリで閲覧ができます。
計算結果を保存でパソコンやスマホにパノラマ写真を保存します。
 
■簡易ビュアー
ThetaViewerを使って、計算された結果を擬似AR表示できます。
ビュアーを見るをクリックすると、別画面でViewerが開きます。

ブラウザによって開きません。
推奨はFireFox、Chrome、Safari

ThetaViewerを使った例
打ち上げ予報

保存した写真を使って、シータアプリのカメラロールから取り込むということもできます。

シータアプリで表示した例
iPhoneImage.png
 


ザックリ説明はこんなところです。
補足があったら追記していきます。
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

search this site.

よく使う、検索される投稿

categories

アマゾン

楽天

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile


※当ブログはリンクフリーですが、 取材や雑誌等で掲載される場合は、事前にお知らせください

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM