のしろ de のろし 〜 ロケット燃焼試験を見る

  • 2015.12.22 Tuesday
  • 07:19

能代市の広報で、能代で"のろし"を上げる(※)と書かれていたので、
15年ぶりに18切符を使って秋田は能代へやって参りました。
 
※のしろで"のろし"は半分ジョークかと思っていましたが、
調べてみると、昼花火(段雷、万雷というそうです)は
狼煙の流れをくむ伝統花火なのだそうです。


能代 のろし

のろしの映像
   


いや、素晴らしいのろしを見ることができました。





という冗談話は置いといて、ロケット2段モーターの燃焼試験動画を続きからどうぞ

あーしっかし、お尻が痛い。というか、お尻が熱い


 

さて、のしろ de のろしを見物した後は、
いよいよ、メインのイプシロンロケット 2段モーター真空地上燃焼試験に移ります。

自分はロケットがらみの試験はCFT以来ですね。
今回、距離が550mなので、どんだけ生音すごいのか想像が付きません。

録音機も通常の1/2にレベルを絞ってどうなることやら(ジャストで音割れなく入りました)

ということで、カウントダウン開始、炎と煙が吹き出した1秒後にいきなり

轟轟轟轟轟!!!!!

音もすごければ、音圧もすごい、
胸を打つ振動は、おそらく始めてロケットを見たH-IIA F4号機のあの感じでした。
(この振動を感じたくてロケットやっておりますが、近年消音技術等でなくなっているのが残念(その分衛星は壊れなくなりましたが))


ということで、つまらない感想よりも、動画をどうぞ。

爆音を発しますので、ボリュームに気をつけてください。

 

 
コメント
素晴らしい燃焼試験ですね。
映像も音も最高です‼︎
感動いたしました。
  • M
  • 2015/12/22 11:36 PM
コメントありがとうございます。
久しぶりにロケットの振動を体で感じることができました。
  • rockecco
  • 2015/12/23 1:01 PM
550mというのは敷地(?)からの距離だと思ったのですが、画像と音のずれを見るとエンジンからの距離もそんなに離れてませんね。
ニュースで見たんですが、海のすぐそばだというのは気がつきませんでした。
じつは以前(今はJAXAの一部門となった)NALの実験場に行ったことがあります。確かにこんなところじゃないと実験できないだろうなあという広さだったのですが、残念ながら実験はしていませんでした (^^;;
コメントありがとうございます。
エンジンから550mなので、ほとんど目の前に等しいです。

そういえば、先日秋田ロケット実験場近くの道の駅に行きましたが、
しまった、すぐ近くだったことを今思い出しました。

確かに、あの広さがなければ実験できませんね。

もし、いまもやっていたらご時世がらやばいですね(^^;
  • rockecco
  • 2015/12/26 3:39 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

search this site.

よく使う、検索される投稿

categories

アマゾン

楽天

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile


※当ブログはリンクフリーですが、 取材や雑誌等で掲載される場合は、事前にお知らせください

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM