HP ProLiant DL160 Gen9 のRAIDを構築してみる

  • 2016.03.22 Tuesday
  • 22:56

タイトルはHP ProLiant DL160 Gen9のRAID構築なんですが、

その前に、HPって初めて扱ったんですが、
HPって自作(組み立て)サーバーなんですか???

HDDやDVDドライブ、RAIDカードがバラバラでやってきた・・・。
しかもマニュアルなし(詳しくはWEBで検索みたいな)

これがHPの言っている Assembled (Made) in Tokyoってやつですか???

とまぁ半分冗談はさておき(おそらく輸送時の破損を回避するためなのでしょう)、
自作並みになるサーバーは初めてでしたので、なかなか良い経験でした。


ちなみに、マニュアル類が見つかりにくいのですが、

まず、Hewlett Packard Enterprise サポートセンターにアクセスをして、
製品サポートメニューから ダウンロードオプション → ドライバーおよびソフトウエア を選択

HP ProLiant DL160 Gen9 ドライバ マニュアル

開いたページの検索に、例えば今回の場合は、「ProLiant DL160 Gen9」とか入れて実行すると
たぶんリンクが出てきます。

HP ProLiant DL160 Gen9 ドライバ マニュアル

あとは目的のリンクへ飛び、目的のドライバやマニュアルを拾えばOK

HP ProLiant DL160 Gen9 ドライバ マニュアル


ちなみに、DL160 Gen9の組み立てマニュアルはこちら

HP ProLiant DL160 Gen9サーバー ユーザーガイド

ここにたどり着く前に組み立ててしまいましたが、
とりあえず、確認して接続はあっていたので良かった・・・。

さて、パーツを組み立てて、今度はハードやRAIDの構築ですが、
続きでどうぞ


関連記事
DellサーバRAID構築〜PERC H700編
DellサーバRAID構築〜PERC H710編
DellサーバRAID構築〜PERC H710 Lifecycle Controller編
 

サーバーを起動し、起動オプションの画面になったらF9(System Utilities)を叩く

HP ProLiant DL160 Gen9 設定

言語を聴いてくるので(聴いてこなかったらSelect Languageを選択)、日本語を選択

HP ProLiant DL160 Gen9 設定

日本語に切り替わったら、システムの構成を選択

HP ProLiant DL160 Gen9 設定

ハードにささっているリストが出てくるので、RAIDカードを選択

HP ProLiant DL160 Gen9 設定

System Configurationを終了してHPSSAを起動する。

HP ProLiant DL160 Gen9 設定

ちなみに、SSAの言語設定が分からなかったので、この先は英語版で進めますが、
日本語訳はHPのサイトかマニュアルにありますので、そちらを見てください。

Smart Storage Administrator (SSA) を使用した RAID 5 の作成方法
HP Smart Storage Administrator ユーザーガイド(PDF)

あと、インストール後、例えばWindows用のSSAをダウンロードしたい場合は、
先ほど書いた手順でソフトウエアをダウンロード可能です。


さて、読んでいる間に起動したことだと思います。

SSAのAvailable Device一覧から、RAIDカード(今回はSmart HBA H240)を選択
カードを挿したばかりの場合は有効になっていないので、Actions(アクション)からCongfigure(構成)をクリックする。

HP ProLiant DL160 Gen9 設定

RAIDカードを有効(Enable RAID Modeをクリック)にする
HP ProLiant DL160 Gen9 設定

ここで再起動がかかるので、上の手順でSSAに再度入ります。

上のActionsがCreate Array(アレイの作成)になっていればOK

HP ProLiant DL160 Gen9 設定

Create Arrayをクリックして、RAIDを構成していく

まずはHDDを必要分選択し、Create Arrayをクリック

HP ProLiant DL160 Gen9 RAID設定

選択したディスクで構成できるRAIDが決まるので(表示されるので)、
今回はRAID5を選択する。
Create Logical Driveをクリック。

HP ProLiant DL160 Gen9 RAID設定

確認画面が出るので、構成を確認し、HotSpareが必要なら、
Manage Spare Drivesを選択する。

HP ProLiant DL160 Gen9 RAID設定

Spareドライブをもれなく選択し、Saveで保存する。
上の画面に戻るので、Finishで終了する。

HP ProLiant DL160 Gen9 RAID設定

あとは再構築してくれるので、終わるまで待つ

進捗は作成したArray(Logical Drive)を選択するか
※Refresh(写真の左上)をクリックしないと進捗の数字が変わりません。
 
HP ProLiant DL160 Gen9 RAID設定 HP ProLiant DL160 Gen9 RAID設定

HDDのガリガリが止まるかで確認できる。
HP ProLiant DL160 Gen9 RAID設定

これでRAIDは終わり。

後はOSのインストール・・・
どうやって入れるんだ?

ということで、RAIDに続いてザックリインストール手順を説明すると、

まず、RAIDが終わったら再起動して、起動画面が出たらF10(Intelligent Provisioning)を叩く

HP ProLiant DL160 Gen9 RAID設定

あとは画面にしたがってOSをインストール(構成とインストール)すればOK


参考URL
HP ProLiant サーバー Gen8 シリーズ - Windows Server 2008 R2を自動インストールする方法
HP Intelligent Provisioning ユーザーガイド(HP ProLiant Gen9 サーバー向け)


関連記事
DellサーバRAID構築〜PERC H700編
DellサーバRAID構築〜PERC H710編
DellサーバRAID構築〜PERC H710 Lifecycle Controller編

 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

search this site.

よく使う、検索される投稿

categories

アマゾン

楽天

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile


※当ブログはリンクフリーですが、 取材や雑誌等で掲載される場合は、事前にお知らせください

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM