危うし安納芋!?刺客現る!! シルクスイート!

  • 2016.11.30 Wednesday
  • 22:24

 

ということで、毎年恒例安納芋購入です。

 

 

 

で、茨城に行ってきたので、ついでにいくつか芋を入手し、

食べ比べです。

 

左上がシルクスイート、右上が紅優甘、下がパープルスイートです。

 

例によって芋専用コンロでじっくり焼いて

 

 

食べ比べです。

左から安納芋、紅優甘、シルクスイート、パープルスイートです。

 

安納芋はいつも食べているので、

まずは紅優甘(紅はるか)

安納芋並みに甘く、手に入りやすいことから市場でよく見ると思います。

甘さは確かにありますが、安納芋のようなトロトロ感はないので、

普通の焼き芋より甘みがあるという感じです。

 

ちなみに、紅優甘はJAなめがたの商標登録で、もとは紅はるかになります。

 

 

ちょっと飛んで、パープルスイート

こちらは紫芋でも甘味があると言うことで、

確かに甘みがありますが、紅優甘(紅はるか)と同じで甘めの焼き芋といったところでしょう。

 

 

では、最後にシルクスイートです。

 

!!!!

なにこれ!どういうこと!?!?

 

サツマイモとは思えないほど、裏ごししたかのようななめらかな舌触り

そして安納芋並みの甘さがあります。
 

安納芋は確かにトロトロ感はありますが、

どうしても繊維質があるので、その食感が残ってしまいますが、

 

シルクスイートは、スイートポテトそのままが芋から出てくるような食感で

安納芋を超えるのではと感じます。

 

甘み自体は安納芋の方が強いのですが(なので、安納芋並みの甘さ)、

甘みが強くない分、さっぱりとした感じで、

(どちらかというと甘いのが苦手な人には良い具合の甘さと言える)

 

さらに食感が口と脳裏に残り、余韻が後を引き、

また食べたくなってしまう危険性を醸し出しています。

 

 

やばいです!

甘さだけではもう勝てません!

安納芋ついに危機が迫ってきました!

(安納芋が解禁されたが、取り越し苦労で終わったとか悠長なことを言ってられません、種子島の皆さん!)

 

我が家も、来年はシルクスイートか???

というくらい安納芋危機迫る!

 

 

ちなみに、こちらの品種も登録商標がされていて、カネコ種苗が保有しています。

また、まだ市場(ネットは含まず)にはあまり出回っていないようです。

 

 

なお、甘みとトロトロ感、繊維質を求めたい方は、

安納芋に勝るものはありませんので(私の中では)、

引き続き、種子島産(※)安納芋をご愛好くださいませ!

 

※平成25年まで種子島以外では栽培することが許可されていなかった。

 今後種子島以外でも作れるようになるが、芋自体が種子島の風土に適しているため、

 種子島産以外は同じ品質で栽培できるかは不明

 

 

余談ですが、この看板良いですね。

 

次の打ち上がり時間、もとい、焼き上がり予定時間は〜〜

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

search this site.

よく使う、検索される投稿

categories

アマゾン

楽天

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile


※当ブログはリンクフリーですが、 取材や雑誌等で掲載される場合は、事前にお知らせください

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM