Hyper-Vがメモリリーク?

  • 2016.07.22 Friday
  • 20:46

 

調べると今さら感なのだが、

Hyper-VのゲストOSで前々から気になっていたこと

 

メモリリークしていないか???

 

 

メモリが85%とか食いつぶしている。

しかし、何がそんなに喰っているのかプロセスを見ても分からない。

 

 

そういえば、以前チラッとつかってみたツールで何か分かるか?と思って調べてみると。

 

 

やはり、3.5Gとか占有しているものがあるようだ。

 

ということで、Driver Lockedをネットを調べると、

やはり、というか、ずいぶんと前からこれについて騒がれているようで、

 

さらに調べてみたところ、どうやら動的メモリを設定しているからのようです。

 

ゲスト OS の物理メモリが大量に使われている

 

同じように、RamMap等をつかっていろいろな方向から見ています。

 

 

ここに書いてある動的メモリとバルーニングについて調べてみると、こんな記事がありました。

 

Dynamic Memory in action with Hyper-V 2012/R2 – Part 2

 

なるほど、メモリリークを起こすことで、バルーニングの動きが見えてくるようです。

 

ということで、自分もこちらを参考に、メモリリークプログラムをゴリゴリ書いてテストしてみました。

 

ガベージ・コレクタを明示的に動作させるには?

 

 

さて、メモリリーク発生!ポチッ としてみると

 

 

グングン上がってきたと思ったら、ガクンとメモリが下がる現象が!?

(図の青線が凸になったところ)
 

 

プログラムは確かに1G近くのメモリを使用しているので、

さっきまでのを考えると6G近くになるのだが、

つかった分だけ下がった感じ。

 

で、RamMapで見て見ると、確かに記事の通りつかった分くらいDriver Loadedが減っています。

その代わり、Process Privateが増えています。

 

 

この状態で、メモリを解放してあげると、使った分ガッツリ減ってくれたのだが・・・

 

 

1分くらい経つと、またメモリリーク発生?

もう一度RamMapを見ると、最初と同じくらいDriver Loaded がメモリを占有しています。

 


 

ということで、動的メモリで設定している場合、

あらかじめ設定されている起動メモリ分が他に奪われないように(?)、

Driver Loadedという部分でメモリを占有しているようです。
 

ただ、それが影のプロセスとかで表面上に出てきていないので、

一見するとメモリリークしているように見えてしまうようです。

 

メモリリークしているようにみえますが、

上の実験のように、もしユーザーがメモリを使う処理をした場合は、

そちらにメモリを割り当ててくれるような動きをしているようです。

 

ただ、RamMap等を使わないと本当にメモリリークしているのかが分かりにくいですね。

 

PDFのパスワードが煩わしい〜Microsoft Print To PDFで解決できる?+再インストール方法

  • 2016.06.17 Friday
  • 12:44

 

話を始める前に、Win10で標準になったPDF出力機能、Microsoft Print To PDF

 

最初つかったときに、あんまり良い感じに出力されなかったので、

無駄なデバイスを入れておいても邪魔なので、削除してしまったが、

 

もしや!?と思ってもう一度再インストールしてみることにした。

 

のだが、どうやったら再インストールできるんだ?

というのが最初の話題

 

 

まず、設定のデバイスから、「プリンターまたはスキャナーを追加します」をクリックし、

しばらくすると表示される、「プリンターが一覧にない場合」をクリックする。

 

 

コンパネのデバイスとプリンターのプリンタの追加でも大丈夫

その場合は、左下の「プリンターが一覧にない場合」をクリック

 

 

 

何を追加するのか聞いてくるので、

一番下の、「ローカルプリンターまたは〜〜〜手動設定で追加する」を選択

 

プリンターポートの選択から、

既存のポートを使用を選択し、プルダウンメニューから「FILE:ファイルへ出力」を選択する。

 

 

ドライバー一覧から、製造元をMicrosoft、

プリンターから目的であるMicrosoft Print To PDFを選択する。

 

 

あとは、ドライバー(推奨でよい)を入れて復活

 

 

 

さて、いよいよ本題

よくメールでPDFをやりとりする際、パスワードロックをかけて届く場合がある。

 

 

 

だいたいそういうファイルは頻繁に開かない方が多いので、

PW入力にそれほど煩わしさを感じることはほとんどないが、

 

これが毎日開かないといけないような資料となると、

だんだんとイライラが貯まってくる。

 

印刷しようにも、何百と言ったページがあるので、紙がもったいない。

できるだけ電子の状態が望ましい。

 

で、PDFをPDFで印刷しようと思った訳なのだが、

フリーのツールを使うと、ロックがかかっているファイルはうまく変換してくれないことがある。

 

 

そこで、もしや!?と来たわけである。

 

長々と書いてきたが、Microsoft Print To PDFの登場である。

 

フリーツール同様うまくいかないかもしれないが、

もしかするとうまくいくかもしれない、ものは試しでやってみると・・・

 

PDFを開いて Microsoft Print To PDFを選択して、印刷!

 

保存先を指定すると、

 

prnという拡張子で保存される。

はじめて開く場合は、既定のアプリを設定する画面がでるので、

AcrobatなどのPDFが閲覧できるアプリを選択して開けば良いし

 

prnをpdfにリネームしても問題なく開くことができる。

 

100%うまく印刷できるとはいえないが、

毎度開くようなPDFはWin10の標準機能で除くことができる場合があるという覚え書きまで。

 

 

念のため誤解のないように、 書いておきますが、

パスワードの分からないPDFのパスワードロックを解除する機能ではありません。

あくまで、PDFをPDFで印刷するという機能の使い方です。

 

 

Shurikenで添付ファイルまとめて保存したい

  • 2016.06.16 Thursday
  • 12:56

スマホで写真を撮って、パソコンに送るのに、
いちいち接続するのが面倒なので、メールに添付して送ったりすることがあるのだが、

複数枚送った添付をShurikenで受け取ると、



一括で保存できないので面倒・・・。

とは言いながらこれまで1枚1枚保存していたのだが、
いや、何か方法があるのではと、調べたら、やはりありました。

表示メニューから、マルチパートビューアを選択



ここで保存したいファイルを選択してもいいが、
何も考えずに、保存をクリック


保存したい項目にチェックを入れて、OKで保存できる。



覚え書きまで
 

windows10 1511の時刻同期がおかしい???

  • 2016.05.21 Saturday
  • 10:01

Win10マシンをクローズドな環境で使っていたところ、
時刻が1ヶ月前に戻ってしまった。という連絡を受けた。

!!!?

いや、そんなことがあるのか?時刻の月の部分を触ってしまって、ズレたのでは?
とか疑ったりしたが、どうやら全く触っていないし、もし変更するとすれば管理者権限が必要なので、
変えることは不可能に近い(当たり前だが、管理者PWは教えていないので変更することは不可能である)


1ヶ月前と言えば、一度ネット環境につないで更新をしたタイミングである。

まずは、同じような現象が起こっていないかと検索してみると、

やだ。やっぱり、Windows 10って手抜きOSじゃないですか!その9
Windows 10 (TH2) をインターネットに接続せずに使用すると、突然時刻がずれる!?

やはり同じ事象で時刻が過去に戻ってしまう例があるようで、
また、この事象はMSでも既に認識しているようだ。

時刻が戻ってしまったパソコンの SecureTimeLimits というキーを確認してもらったところ、
やはり、日付が1ヶ月前のものであることが判明した。


ちなみに、この現象はWin10 TH2、このブログでは1511と呼んでいるOSのみで発生し、
それ以前のWin10 1507 や win8 とか 7では SecureTimeLimits というキーがないので、
こういった現象は起こらないようである。
(もし起こったら、バックアップの電池切れか時刻同期の不具合と考えられる)


さて、この不具合(?)はMSのサポートチームのブログによると、
次期アップデートでこの修正が行われるようで、

それまでの回避策として、レジストリで無効化する方法が載っているのだが、
場合によってOSが起動しなくなる可能性もあるので、やっかいだ。

一番簡単な方法はネット環境につなぐことなのだが、
それができない場合で、簡単にできそうな無効化は、
サービスからWindows Timeを一時的に無効にするのがようであろう。

windows 10 SecureTimeLimits  時刻同期が過去に戻る

※設定変更する場合は、内容を理解した上で、自己責任のもと行ってください。


ところで、regeditから SecureTimeLimits を取得すると10京桁の数字が取れると思う。
この数字が日付(100ナノ秒単位)なのだが、
計算するのが面倒なので、どうすれば良いのかと検索をかけたら、

Windows 10 - Time Synchronization and Imaging

なるほど、PowerShellで簡単に変換できるようだ。

いちいちregeditを開くのも面倒なので、
PowerShellだけで日付取得から変換までやってみると、こんな感じでしょうか。

windows 10 SecureTimeLimits  時刻同期が過去に戻る
 
$stLimits="HKLM:¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Services¥W32Time¥SecureTimeLimits"
$stItem = get-itemproperty $stLimits
[DateTime]$stEstimated = $stItem.SecureTimeEstimated
$stEstimated

※¥は半角


ちなみに、計算される日付が416年とかになっているが、1600年を加算すると、2016年となる。

 

Panasonicレッツノートのリカバリーディスクを再作成する

  • 2016.05.06 Friday
  • 22:56

先日親のパソコンをリカバリーしようかと思ったら、
ディスクをなくしたとかで・・・。

作成ユーティリティを開いても、
作成済みの検証をするか?としか聴いてこない。

panasonic リカバリーディスク 再作成

つまり、一度作成すると再作成はできないようである。

いや、そこをなんとか再作成できないものかとGoogle先生に尋ねてみると、
こんな記事を見つけた

リカバリーディスク作成ユーティリティーで複数回ディスクを作成する

なるほど、一度作成するとレジストリにその情報が書き込まれるようだ。

記事の通り、レジストリエディターを開き、
HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Panasonic¥RecvDisc
とたどり、記事では削除となっているが、
Createdキーの値を1から0に変更するだけで作成機能が復活できました。
 
panasonic リカバリーディスク 再作成 panasonic リカバリーディスク 再作成



検証ではなく、リカバリディスク作成ユーティリティの作成画面が復活
panasonic リカバリーディスク 再作成


なお、レジストリをいじることでOSやソフトウエアが起動しなくなったり、
することがありますので、自己責任で作業を行ってください。
 

なんだこの星は???

  • 2016.01.20 Wednesday
  • 20:41

Googleマップで身に覚えのない星マークが付いている。

Google マップ 星マーク

なんだこれはと調べてみると、
いつの間にかお気に入り登録のようなことをしていたようだ。

左に出てくるペインの保存済みをクリックしたら、
アイコンが保存になって星が消えてくれました。

Google マップ 星マーク
 

古いツールが使えない?〜Win10 1511

  • 2016.01.20 Wednesday
  • 20:26

先月 Win10 1511にアップデートをしてから、
古いツールにドラッグ&ドロップしても×マークで放り込むことができなくなった。

図で表現するなら、通常は左のマウスポインタなのだが、
何度やっても右の×マーク
win10 ドラッグアンドドロップ できない

これはいよいよ古いアプリを使えなくするMSの嫌がらせか?

と思っていたのだが、

たまたま、アプリを直叩きしたところ、
ドラッグ&ドロップができることが判明した。

どうやら使っているランチャーソフト(CLaunch)で、
対象のアプリを管理者権限実行しているために起こっていることが分かった。

このランチャーソフトのモードを標準ユーザーに変更したところ、
ドラッグ&ドロップができるようになった。

アップデートすると少しずつ権限が変化していくので、
(Win8→Win8.1→Win8.1Upでも似たような権限変更があった)
そういったところを今後気をつけないといけないようだ。

ちなみに、自分はユーティリティの実行モード設定で解決したが、

それ以外でドラッグ&ドロップができなくなってしまった場合、
こういった解決策もあるようだ。

解決!! ドラッグ&ドロップが出来ない

 

WinTab7なるものを買ってみる〜Windows10 1511アップグレード編

  • 2015.12.11 Friday
  • 21:49

買ってきたWinTab7のWin10は初期の10240(リリースからすると1507とか言うのかな)なので、
試しにWin10 1511にアップグレードしてみた。

時間かかるので、放置していたらなぜか止まっている・・・。

しかも、問題の修正とかいうボタンになっている

wintab7 windows10 1511

原因はアレです、ストレージ(Cドライブ)が16Gしかないこと
(実際使えるのは14Gで、OSが9G占有)

やっぱり足りなかったかあ〜と思いながら、
どんだけ占有しているのか見て見ると、

wintab7 windows10 1511

空き容量が3Gしかありません。
※下で書きますが、この時点では落としてきたアップグレードデータが含まれています。

問題の修正というボタンを押してみると
やはり空き容量が足りないので、どうにかしろと出てきます。

wintab7 windows10 1511

まずは、microSDを挿して見ましたが、状況は変わらず。
ずいぶん前に書きましたが
 現在のwindowsをwindows.oldにして、新たにwindowsを作り直すので、
 それらを合計した容量が必要になる)


続いて不要なファイルを探して削除を試みることに。

まずは、上図にもあるように、ディスクのクリーンアップを起動

Cドライブを右クリックしてプロパティ(下図)を出して、
全般からディスクのクリーンアップをタップ
wintab7 windows10 1511

自分の環境(下図)ではディスクのクリーンアップではあまり目立った大きさのファイルはなさそうですが、
もしすごい占有している物があればチェックしてOKを押すと削除してくれます。

wintab7 windows10 1511

自分の場合は目立った物がなかったので、
システムファイルのクリーンアップをさらに起動です。

wintab7 windows10 1511

ディスクを2.5Gも占有している物が見つかりました。
これは先ほどチラッと書いたwindows 10 1511を落とした一時ファイルになります。

これを消したところで、またアップデートかけると同じ物ができるのでなんとも歯がゆいところですが、
とりあえず、チェックを入れて削除を試みます。
他にも大きい物があればもれなくチェックして、OKを実行します。

その結果、5G 確保できました。

wintab7 windows10 1511


しかし、先ほど書いたように再びアップグレードすると2.5G落としてきて、
また、空きがないよと言われる無限ループ・・・

どんなに頑張ってもアップグレードはできなさそうです。


とりあえず、続く


いつものお願いですが、
ゴチャゴチャと設定とかファイルを削除して、
動かなくなってしまった等のトラブルが発生しても、
責任は負いかねますので、よろしくお願いします。


関連記事
WinTab7なるものを買ってみる〜開封編
WinTab7なるものを買ってみる〜Windows10 設定編

Windows 10の Updateは無効化できる?〜以前のOSのようなUpdateにしてみる ※Pro以上のみ

 
続きを読む >>

WinTab7なるものを買ってみる〜Windows10 設定編

  • 2015.12.11 Friday
  • 05:55

先日買ったWinTab7の設定をしてみる。
WinTab7に限らず、Windows10の最低限やっておきたい設定を書いてみた。

Windows8から設定はコントロールパネルから設定というアプリに移行されつつあり、
頻繁に使うWindowsの更新もこちらに移された

Windows 10 設定


いろいろな設定があるが、まずはこれだけやっておきたいところを抜き出してみる。

設定する前に、いつものお願いですが、
設定変更によって問題等が発生しても責任は負いかねますので、
ちゃんと理解した上で設定変更を行ってください。


■Windows Update
新しいWindows Updateは以前記事にしたことがあるが、
基本的にWindows無印は強制的、Proはインストールタイミングを選べるようになっている。
(ただしProでも1週間以内に再起動を要求される。以前、または無効にする設定はこちら

その辺りは以前の記事を読んでいただくとして、気になる機能がある。
Windows Updateを開いて、右側の欄から詳細オプションを選択、表示されたオプションの中から、
更新プログラムの提供方法を選ぶを開くと
 
Windows 10 設定 Windows 10 設定

複数の場所から更新するというオプションが表示される。

Windows 10 設定
ザックリ説明すると、ファイル共有ソフト的にWindows UpdateをP2Pするための機能で、
わざわざMSのUpdateサーバーにつなぎに行かなくても、
一番近くで最新の更新プログラムを持っている人からもらえちゃうという感じの機能です。

設定を見るとその機能のオンオフと共有の範囲が設定できるようになっています。

例えば、電話線(ONU)に直挿しでパソコンを使っている場合、あとは公共のWiFi環境に繋がっている場合、
設定をONで、インターネット上のPCの方(下)にしていると、世界中に自分のアップデートファイルが公開されることになる。

まぁ、Windows Updateのファイルだけなのでいいと言えばいいのではあるが、
仮に機能に脆弱性があったとすれば、関係ないファイルとかまでダダ漏れになる可能性があるので注意したい設定である。


自宅環境がルーターなどでネットワークを組んでいる場合(ローカルネットワーク環境)、
設定をONでローカルネットワーク上のPCを選択しておけば、
もし複数台Windows 10 マシンがあれば、お互いに共有し合うことで、
いちいちMSへ取りに行かずに近くの最新のマシンへ取りに行けばいいので、
外へ出る通信負荷が軽減されるので、メリットはある。

とりあえず、タブレット端末は公共WiFiにつなぐことも考えるとOFFにしておく方がよい。
家や会社内だけで使うならONにして、ローカルネットワーク上のPCを選択した方が良いと思う。
よく分からないという場合は、設定はOFFにしておいた方がいい。


■タブレットモード
タブレットといっても所詮Windowsだとどうもストアアプリよりも
デスクトップアプリの方がまだまだ根強いところ。
WinTab7のデフォルトはタブレットモードになっているが、
それをサインインからデスクトップにしたい

設定→システム にタブレットモードの設定があるので、
タブレットモードをOFFにして、サインイン時の動作をデスクトップに移動を選択すれば、
これまでのWindowsのような仕様にできる。

wintab7 windows10
■ソフトウエアキーボード フルキーボード

ソフトウエアキーボード(タッチキーボード)を使う場合、
キーボードは簡易なものしか用意されていない。

フル機能(TabキーやAltキー、EscキーやFnキーなどハードウエアキーボードと同じような)を使いたい場合、
設定→デバイス→入力 から ハードウエアキーボードに準拠した〜〜 をONにすると使えるようになる(図下)。

ただ、WinTab7はデフォルトでは英語キーボードなので、日本語キーボード(109とか)の設定をしないといけない。

wintab7 windows10

まずはこの設定をして、あとは必要な設定をボチボチしていく。
その他の設定があれば続きで


関連記事
WinTab7なるものを買ってみる〜開封編
WinTab7なるものを買ってみる〜Windows10 1511アップグレード編

Windows 10の Updateは無効化できる?〜以前のOSのようなUpdateにしてみる ※Pro以上のみ

 
続きを読む >>

WinTab7なるものを買ってみる〜開封編

  • 2015.12.08 Tuesday
  • 13:13

私がパソコンをいじり始めてたぶん20年を超えましたが、
当時買ったLC575は秋葉原で30万を超え、
1m x 1m x 1mくらいの箱に入ってS川運輸に運ばれてくるのを今か今かと待ち遠しく待った物ですが、

時代は変わる物です。

秋葉原はあきばお〜で先日、噂になっているWinTab7というのを買ってきました。

価格はなんと1万円ちょっと(OS買うより安い)と、20年前の1/30以下の価格
サイズもスーパーの袋に入るくらいの大きさです。
しかもスペックはCPUは40倍(数字の上で)、メモリ容量30倍、ストレージ容量50倍とか単位も驚きです。

それよりも、タブレットというかパソコンをスーパーのレジ袋で渡されるところが
初めての経験で今回もっとも衝撃的でしたが。
※あきばお〜は希に利用するので、レジ袋自体が普通のことなんですが、
 上の通り、まさかパソコンをレジ袋でその場で買える衝撃が時代を感じた訳で

wintab7 windows10

で、衝撃のレジ袋から取り出した図、左がスペック
 
wintab7 windows10 wintab7 windows10

型番がWIN-70Bになっていますが、恵安が作っているKEM-70Bというのになります。
 
wintab7 windows10 wintab7 windows10

拡張性も普通のタブレットと同じでmicroUSB(電源兼用)やHDMI出力、microSDのスロット(32Gまで)など充実しています。
気になったのは、Windowsボタン(田ボタン)がないことくらいでしょうか。

田ボタン自体めったに使わないので、必要はないですが、
キャプチャ撮るときに、田+音量下がだいたい標準なので、それだけ少々困ります。
(仕方がないのでキャプチャボタンプログラムをゴリゴリ作ることに)

付属品でOTGのケーブルと充電用のケーブルが付いています。
あと説明書

恵安のダウンロードでも入手可能ですが、KEM-70Bで引かないと出てきません。
KEM-70Bなのに、落とすとWIN-70Bのマニュアルという不思議なことになっていますが
 
wintab7 windows10 wintab7 windows10

とりあえず、購入時に充電がされているので(2時間くらいは使える)、
起動してみると、

wintab7 windows10

やっぱり恵安です。

さて、これを使って子供のおもちゃを作ろうかなと。
(本とはラズパイ買うつもりが、ラズパイ本体+ディスプレイよりも安いのでこちらを買ってしまった。
 しかもWindowsでデスクトップアプリも自作すれば入れられるし)


と、2時間くらいゴリゴリ使っていたら、突如
画面が縞々
電源押すと警告音っぽい音がするので、動いてはいるのだが、何やっても回復できない

wintab7 windows10

ということで、早速リセットボタンを押して強制OFFです。

wintab7 windows10

リセットボタンで電源を落として起動して、その後は問題なく使えています。
 
追記151209
電源入れたまま放置していると(電池駆動のとき)、
立ち上がっているようなのだが、画面真っ暗・・・。

長押しするとシャットダウンしますかと聞いてはくるが、シャットダウンできず
ボタン類を押すと反応するので画面出力のどっかが悪いのかな???

それとも、アップデートしたWin10 1511のせい?

とりあえず、リセットしかないなぁ


次は設定でも書いてみます。


関連記事
WinTab7なるものを買ってみる〜Windows10 設定編
WinTab7なるものを買ってみる〜Windows10 1511アップグレード編

Windows 10の Updateは無効化できる?〜以前のOSのようなUpdateにしてみる ※Pro以上のみ

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

search this site.

よく使う、検索される投稿

categories

アマゾン

楽天

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile


※当ブログはリンクフリーですが、 取材や雑誌等で掲載される場合は、事前にお知らせください

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM