Dell NX3230(NASサーバ)を再構築してみる

  • 2017.03.28 Tuesday
  • 22:37

 

大量のデータなどを保存しておくのに、市販のHDDではいくら台数があっても足りないし、

物置があっても足りないのではというくらいHDDが山積みになってしまう。

 

ついこの間までHDDは1Tとか2Tだったのが、

ここ最近になり、10T HDDとか販売されるようになり、

1台のサーバに100Tとか積めるようになった。

 

ということで、大容量のストレージサーバを買ってみた。

 

まぁ買ったらそのまま使えるようになっているので、

何も考えずにゴリゴリ設定すれば良いだけなのだが、

 

なにぶん初期設定が嫌いな性分なんで、RAID構成とか変更してみることに

・・・となんだかんだ書きますが、結局元の状態に戻して使用していますが・・・

 

RAID構成に関してはずいぶん前に書いた方法でできるようなので、

そちらを読んでもらうことにして、

 

 

初期化したので、再インストールが必要になる。

とりあえず下のページを参考にインストール

 

[NAS] PowerVault NASシリーズにおけるOSインストール手順 for Windows Storage Server 2012

 

と思うのだが、そんなに簡単にはいかなさそうだ・・・

 

 

インストールは通常サーバとは異なり、

Lifecycleからはできないようなので、DVDを入れて再起動

 

ただ、起動順などを設定していないとHDDを読みに行ってしまうので、

F11でDVDドライブを選択しつつ、起動が必要である。

 

とりあえず、設定してDVD起動すると・・・
 

 

再インストールするのに、Virtual Disk 0 を消して良いかということで、

Noボタン、

Delete existing Virtual Disk 0 and procees with reinstall oparetion

を選択する。

 

※Yesだとキャンセルされてしまうので注意

 

 

実行すると永久に失うよ→Yes

 

 

これでインストールが開始される・・・ようだが、動いているのか分からない

 

そして、待っていると、こんなメッセージが

 

 

どうやらスクリプトが 応答なし になっているというメッセージのようだ。

 

これはまずいのでは!と思ってしまうのだが、

このメッセージには全く触れないように無視する。

無視する!絶対に無視する!!

 

もし、このメッセージに触れてしまうとスクリプトが停止して、

永遠にインストーラが起動しないことになるので、要注意、いや、厳重注意!!!

 

とにかくインストール作業(インストール初期処理)が終わるまでは手を付けずに放置すると・・・

 

ようやくWindows Storage のインストーラが起動する。

 

インストールが終わってOSを立ち上げるのだが、

次を見逃してしまうと大変なことになるトラップ

 

 

デフォルトパスワードは Stor@ge! だよ

 

見逃したら、上のサイトにも載っているので慌てなくても大丈夫であるが、

英語圏でない人間だと絶対スルーしてしまいそうなので注意

 

 

さて、インストールできたので、上のページを参考に

C:¥Dell_OEM¥MUI の JA-JP.BAT を実行して日本語化

※もし作られていないような場合は、DVDにも収録されている

 

 

 

順調のように見えたら・・・

 

あれ?キーボードから日本語使えない???

調べてみると、次のサイトを見つけたが・・・

 

Windows Server/Windows Storage Server 2012のキーボード日本語化について

 

この通りにやっても全く効果なし・・・。

いろいろな日本語キーボードに変更しても全く日本語が打てない

 

 

 

仕方ないので、キーボードは後回しにして、

他のデバイスとか言うのが警告マークでリストされているのでそちらから

 

 

Lifecycleから入れられればこの辺は入れてくれるのだが、

DVDからだとOS以外は入れてくれないようだ。

 

不親切にドライバCDもないので、いろいろ調べてみると、次のサイトを見つけた

 

PowerVault NX400のStorage Server 2012ドライバー

 

なるほど、もしかすると、NX3230もチップセットがらみかもしれない

ということで、ドライバを探しに行く

 

Dell Storage NX3230のサポート

 

 

スクロールして、チップセットを探すとありました。

 

 

チップセットをダウンロードして、インストールすると

 

 

 

消えました。

 

 

さて、キーボードは相変わらず日本語が打てない

とりあえず、Windows Updateしたら、DellのDriverが入っているので、

アップデートしてみても、

 

 

効果なし?

 

面倒なので、デフォルトのキーボード(HID キーボードデバイス)に戻したら、

 

 

なんかよく分からないけど日本語が使えるように。

 

もしかするとアップデートでドライバが更新された、もしくはチップセット同様に正しいドライバがインストールされたのかも

 

関連記事
DellサーバRAID構築〜PERC H700編
DellサーバRAID構築〜PERC H710編
DellサーバRAID構築〜PERC H710 Lifecycle Controller編

 

Visual Studio 2015の調子がおかしい?〜Windows Updateが原因

  • 2017.03.23 Thursday
  • 12:53

 

2日くらい前に久しぶりにWindows Updateをかけた翌日くらいから、

なんだか調子がおかしい

 

自分の場合はVisual Studio 2015で改行すると変なところに飛ばされたり、

使っていくうちに、ファイルが上書き保存されなくなる不具合まで、

 

一度消そうとexplorerを立ち上げると、バタバタと落ちる

 

調べてみるとUpdateした時に入れたKB4013429というのが原因らしい。

 

Windows Updateを再度かけてみるとFixしたアップデートが公開されていた

KB4015438

 

解消されたかどうかはまだ分からないが、たぶん大丈夫かな?

 

Visio2013の長方形の面取り

  • 2017.03.16 Thursday
  • 12:38

 

いつも忘れてしまうので、覚え書き

 

Visioで丸みを帯びた長方形を描きたいと思うのだが、

基本図形などには長方形はあるが、丸みのある長方形とかがない。

 

 

どうやって角を取れば良いのか

 

まずは、図形の書式を開いて

線の設定を展開し、中程の丸みの標準スタイル、または、丸みのサイズで調整する。

 

 

できあがり

 

 

WinTab7を充電しながらUSBを使うには

  • 2017.02.05 Sunday
  • 22:18

 

ちょっと二番煎じな投稿であるが、

 

ずいぶん前に買ったWintab7で、

USB充電しながらUSBを使う方法がないか調べてみたところ、

 

RouteR 充電可能4ポートスリムOTGハブというのがあるらしい

 

ヨドバシに在庫があるようなので、

USBハブやタブレット関連を探しまくったらなく、

もしや、パーツ関連の売り場か?と見て見たら、ありました。

 

 

AB切り替えながら動作を試して動く方を選択すれば良い

 

 

なお、ずいぶん前に紹介したThinkPad8ではもちろん使えませんでした・・・。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

◆○充電可能4ポートスリムOTGハブ【ルートアール】RUH-OTGU4+C
価格:2030円(税込、送料別) (2017/2/5時点)

 

 

 

 

タスクマネージャ一時停止?

  • 2017.01.31 Tuesday
  • 06:54

 

タスクマネージャが全く動かない

終了して、立ち上げても動かない

 

なぜ?

 

ちょっとCPU負荷かけ過ぎた?

 

で、画面を見ると一時停止とか書いてある。

 

 

調べてみたら、表示→更新 の頻度から選択できる なんて初めて知った

 

 

よかった、無事動き出しました。

 

参考URL

タスクマネージャー パフォーマンス 一時停止

 

 

WHEA-Logger イベント17 エラーが全く解消されない

  • 2017.01.21 Saturday
  • 16:13

 

さて、パソコンを修理に出していたのがようやく帰ってきたのだが、

 

もしかして問題解消されていない?

 

そもそもの問題は作業中に突然死するというところから始まり、

 

いろいろ自分で調べてみた結果、なんとなくコアエラーが頻発して死んでいる感じだった。

 

メーカーでも突然死を確認したようで、

メインボードを交換することで、解消されたということで帰ってきた。

 

で、確かにコアエラーもなくなり、

突然死もなくなったので、よかったのだが、

 

自分で調べていた時に、別のエラーが頻発していたのが全く解消されていないのでは?

ということに気が付いた。

 

そのエラーは、WHEA-Logger イベント 17というエラー

 

修正されたハードウェア エラーが発生しました。

コンポーネント: PCI Express ルート ポート
エラー ソース: 詳細エラー報告 (PCI Express)

バス:デバイス:機能: 0x0:0x1C:0x1
ベンダー ID:デバイス ID: 0x8086:0xA111
クラス コード: 0x30400

詳細は、このエントリの詳細ビューに含まれています。

ちなみに、デバイスはA112の時もあり

 

 

修理に出す際、このエラーが急に増えて、さらにコアエラーが頻発して死亡といった感じだったので、

メインボードが変われば解決されているかと思ったのに・・・

 

その辺も見てくださいと念を押したのに、

全く解消されてないというのは、

メーカーでも直せない固有の初期不良的なものなのだろうか?と考えてみる。

 

それでも1分とかに1度ログが書かれているのを見ると、

ちょっとCPUとかに負担がかかって気持ちが悪いわけで。

 

メーカーもあてにならないので(T芝だし)

自分で解決を試みることにした。

 

まず、セーフモードにしてみる

セーフモードは余計なドライバを入れずに起動できるので、

そこでおおよそ切り分けができるわけで、

 

やはり、ドライバが読み込まれていないとエラーが出ないので、

 

何かしらのドライバがかかわっているというのは間違いはないようだ。

 

 

続いてもう一度内容を確認する

 

 

まずは、どのドライバかということを認識するのに、

ベンダーIDを解読すると、0x8086はインテルということが分かった。

 

デバイスマネージャからインテル系のドライバを探してみると・・・

 

 

ありました、しかも、デバイスIDの0xA111と同じものまで見つかりました。

 

自分のPCでは、

 

Intel(R) 100 Series/C230 Series Chipset Family PCI Express Root Port #2 - A111

Intel(R) 100 Series/C230 Series Chipset Family PCI Express Root Port #3 - A112

 

が頻繁にエラーを起こしているようだ。

 

 

とりあえず、このチップセットに対応するドライバがないかと探してみるが、

なんだがそれっぽいのが見つからない。

見つかるには見つかるのだが、動作確認に載っていないので、ちょっと不安)

 

 

Windows Updateでもドライバのアップデートは入ってこないし、

メーカーの更新ツールもそんなアップデートはなし、

 

ここは手動しかない、という感じで、ドライバの更新ボタンを押してみる

 

 

対象のデバイスを選択して、更新ボタンを押すと

ドライバソフトウェアの最新版を自動検索するかと出てくるので、クリック

 

 

どうやら最新版があるらしく、更新されました。

 

 

 

 

 

確かに、更新されたようだ、このチップセットがらみの更新があるようだということが分かったので、

一つずつ更新していく。

 

で、解消された???と思ったら・・・

 

減っているようにも見えるのだが、まだなんか引っかかっているようで、

特にA112はまだ出ている

 

 

ちなみに、このチップセットを検索してみると、

 

第 6 世代インテル® Core™ デスクトップ・プロセッサー・ファミリーとインテル® 100 シリーズ・チップセットおよびインテル® Xeon® プロセッサー E3-1200 v5 製品ファミリーとインテル® C230 シリーズ・チップセット

 

というページが見つかり、こんな感じの図が掲載されています。

 

 

そういえば、買ったときからUSB機器(HDD)が頻繁に勝手に抜き差ししたような動作をしていたことを考えると、

メーカーの初期不良というのか、チップセットがいかれていたせいなのかも?

 

と疑ってみたりしながら、デバイスマネージャにある、デバイスのドライバをポチポチ更新してみることに、

とにかく、チップセット周りが問題らしいので、その周辺をかたっぱしに、

 

そうしたら、ようやく全くエラーが出なくなりました。

 

ちらちらエラーを見ながらやった感じ、

インテルの無線LANやディスプレイを更新したところで、解消されたような感じでした。

 

 

メーカーもこのくらいまで見てくれるといいのだが・・・

まぁ、自分のパソコンは自分で治すしかないのか。

 

とりあえず、解消されたということで、

デバイスドライバーの更新などをやってみるとよいようです。

 

 

追記170207

修理とリカバリーから1ヶ月ほど経ち、ほぼ完治している様子。

 

ただ、A111はたまに出ますが、

タイミング的に、スリープから解除したとき、再起動したときなどで、

どうやらディスプレイ関連の動作で出るようだ。

 

他のエラーは今のところありません。

 

Windows10 Home を Proにする〜修理から帰ってきたPC

  • 2017.01.21 Saturday
  • 15:27

 

Windows10 Home を Proにするという記事、

昨年書いていたようで書いていなかったようで。

 

HomeからProにする際は、設定→更新とセキュリティ→ライセンス認証からストアに行って

Proライセンスを購入すればよいのだが、

 

 

 

問題は修理した後に、もう一度ライセンスを通す場合はどうなるのか?

ということ。

 

実際、ストアでProライセンスを購入すると、プロダクトキーなどは知らされることなく、

(マイアカウントサイトでも、購入履歴はあるものの、プロダクトキーの情報はなし)

 

パソコン本体の情報をMSが抜き取ってデータべス化しているため、

 

普通にリストアならば難なく認証できるのだが(たぶん)、

 

例えば、CPUやHDD、マザボを交換したりすると認証が切れてしまう場合がある(電話で何とか頼み込んで認証)

 

今回、マザボの不調で修理に出したノートパソコンが再び認証が通るのか?ということで、

トライしてみた

おそらく1607からは大丈夫であろうということなのだが・・・

(1511以前やWin7や8からのアップグレードのWin10はその辺が厳しかったようだ)

 

ということで、早速帰ってきたばかりのノートにProをいれてみる作業をする。

 

先ほどの通り、ストアを開いて・・・

 

 

エラーコード 0x80131500 とか出て表示されない

ストアのホームなどは開けるのに、なぜかProの更新サイトが開かない

 

 

これって、リカバリ初期の1507だから???

 

ということで、まずは1607 Homeにアップグレード

寝ること5時間更新完了

改めてアップグレードを開始

 

 

 

ライセンス認証画面からストアに移動

 

 

よかった、問題なくProへアップグレード画面が表示

で、どこを押せば購入済みのProへできるの???

プロダクトキーなんて持っていないし(アップグレードした際のメールにはなし)

 

 

ダメもとで金額のボタンを押してみると・・・

(ログインメッセージが表示される場合があります)

 

 

アップグレードを開始してくださいのメッセージ

 

よかった、マザボを交換されても対象と認識してくれました。

アップグレードを開始して

 

 

 

再起動がかかって、Proになりました。

 

 

ということで、電話対応なしで、購入したライセンスでアップグレードすることができました。

 

もしダメだった場合は、MSのサポセンへ連絡してみてください。

 

 

それと、購入前の場合は、金額ボタンを押した後、購入手続きに進みます。

自分はMSアカウントにクレジットカードを登録するのが抵抗があったので(個人情報ダダ漏れなので)、

PayPal経由で購入しました。

 

SharePointの容量がパンパン!?〜OneNoteの容量確認と履歴の完全削除

  • 2016.09.17 Saturday
  • 16:57

 

SharePointサイトの容量がパンパンで保存ができないという話がきた

確かに、見させてもらうと、設定した容量制限を超えている・・・

 

 

 

 

どんな使い方したらこんなパンパンになるんだ?

 

ということで、調べようとしたが、

ExcelとかWordならSharePointの共有から容量が分かるが、

どうやら容量リークしているっぽいOneNoteはリンクが貼ってあるだけなので、

実体の容量が分からない。

 

 

Web上(SharePointサイト)で見ても容量が分からない・・・。

プロパティを見ても情報なし・・・。

 

 

Webで調べてもOneNoteの実容量を確認する方法が全く見つからず、

SharePointをあれこれ見ていたら、ああ、そういえばそんなのあったなと思い出した。

 

記憶域メトリックス

である。

 

SharePointサイトに入った状態で、右上の設定マークからサイトの設定をクリック

 

 

サイトコレクションの管理から記憶域メトリックスをクリック

 

そうすると、各ファイルやフォルダの容量が表示されるので、

そこから怪しそうなファイルを特定していく

このとき、OneNote自身の全体容量なども確認できる。

 

 

で、問題なのはOneNoteがどんどん肥大化していく理由なんですが、

バージョン履歴というのを設定していると、ちょっとした更新でも以前の状態がバックアップされてしまうため、

例えば、50Mbが50回履歴されると2.5Gになってしまうわけである。

 

 

このバージョン履歴、OneNote上から消せるのかと思ったら、

どうやらそれは間違いで、OneNote内のゴミ箱みたいなところに移動するだけのようである。

そのため、どんなに消しても、上のように肥大化して挙げ句には容量オーバーになってしまうようである。

 

そこで出てくるのが、記憶域メトリックスというわけで、

たまにはここをチェックしてバージョン履歴を削除してあげないといけないという感じになる。

 

 

さて、話を戻して、今回原因となっているファイルの右横にあるバージョン履歴をクリックする。

 

 

バージョン履歴が表示されるので、全部消すときはすべてのバージョンを削除をクリックする。

残す場合は不要なモノにチェック

 

なお、すべて削除の場合は、最新は削除対象にはならない。

例えば、下でいう37番(最新の履歴)は削除の対象外となる。

 

 

これで、肥大化が解消されるはず・・・

 

なのだが、SharePoint全体の容量としては全く減る気配無し・・・。

 

理由は先ほどの履歴がサイトのごみ箱に移動しただけだから。

サイトのごみ箱を表示して、ごみ箱を空にするをクリックすれば、これでようやく減ってくれる・・・

 

 

が、なぜか減ってくれない・・・

 

そう、SharePointは第2のごみ箱が存在し、

ここが捨てるか復活させるかの最終的な判断をするごみ箱となる。

 

第1のごみ箱 下の方にある第2段階のごみ箱から第2のごみ箱を表示して、

 

ズバッと空にして、ようやく肥大化した容量が減ってくれました。

 

 

 

この辺のことがネットで調べても書かれていなかったので、覚え書きまで

 

Windows10 1607 のタスクスケジューラの挙動がおかしい?

  • 2016.08.16 Tuesday
  • 12:55

 

先日win10 の1607(Anniversary Update)を入れたのですが、

その後、タスクスケジューラに定期実行するプログラムを登録したのだが、

全く動かない。

他の1607に同じタスクを設定すると同じ挙動

 

2時間くらい悩んで、ふと、未来の日付にしてみたら、

何事もなく動き出した。

 

未来の日付にしてみる

 

!!!!?

 

これって、1607から過去の日付で設定すると実行してくれない?

 

 

それとも、自分の勘違い?

ということで、1511の端末で同じ設定をすると何事もなく動き出す。

やはり勘違いではなさそうである。

 

1607のタスクスケジューラの挙動が厳しくなったのか、

はたまたバグなのか???

 

まぁ、確かに、過去の日付はとっくに過ぎているので、毎日0時(過去の時間)開始で設定している場合、

そのタスク自体が実行されなかったと見なされるので、

正しい挙動ではあるかもしれない(いままでが間違っていた???)

 

 

ただ、ちょっとでも設定を変更したりすると、動かなくなり、

無効→有効でも動かなくなる。

 

挙げ句は、1511から引き継がれたタスクが再起動してしまうとピクリとも動かない

※翌日にならないと復帰しない。

 

なんですかコレ???

どうやっても解決できないの?

 

 

ということで、自分だけなのか、設定方法があるのか、と世の中を調べてみたところ、

やはり1607から挙動がおかしくなった方がいらっしゃいました。

 

Windows 10 Anniversary Update 後のタスクスケジューラがおかしい

Windows 10 Anniversary Update 後のタスクスケジューラがおかしい〜一時しのぎ編〜

Windows 10 Anniversary Update 後のタスクスケジューラがおかしい〜検証編〜

 

現在の解決策として、1回無期限にする方法しかないようです。

 

うーん、昔この設定(1回無期限)をしてはいたけれど、

タスクとして毎日1日間繰り返しの方が正しいのではと変更した設定が、

実はMS的には無期限が正しい設定なのかもしれない。

 

自分もこの一時しのぎ設定で逃れる(というか全部元に戻す)とするか、トホホ。

 

 

ちなみに、Win7→1507→1511→1607とアップデートしまくりのせいかなと思い、

クリーンインストールでもしてみようかと思ったりもしましたが、

同記事の検証編にクリーンインストールした結果が書かれており、

クリーンインストールでもダメだったようです。

 

 

bash on windows で apt-getできない?→プロキシ設定

  • 2016.08.09 Tuesday
  • 12:28

 

Windows10 1607(Anniversary Update)から使える用になったbashコマンド

 

というより、Ubuntu on Windowsなので、cygwin的な感じなものをMSが標準(?)にしてくれた感じの機能を試しているのですが、

さっきからアップデートやインストールコマンドを打っても

 

Ign 〜〜〜

とか

Err http〜〜〜

とかでどう見ても動いて(インストールされて)いなさそうな雰囲気

 

もしやこれはプロキシサーバー?

ということで、aptのプロキシ設定を調べてみて、追加してみたところ、

 

いままで全く反応のなかったコマンドがスルスルと通る(Hit〜〜〜とかGet〜〜〜)ように

 

 

やっぱりいつものプロキシ設定か・・・

IPが192.168.0.1でポートが8080なら、/etc/apt/apt.conf (なければ作成)に

 

Acquire::ftp::proxy "ftp://192.168.0.1:8080/";
Acquire::http::proxy "http://192.168.0.1:8080/";
Acquire::https::proxy "https://192.168.0.1:8080/";

 

を追加してあげれば良い。

 

 

ちなみに、Ubuntu on Windowsは仮想環境のようなものなので、

基本的なネットワークの設定はWindows側に依存し、細かいところだけ調整が必要な感じです。

 

参考URL

Ubuntuのproxy設定まとめ

 

 

それと、その他にも初期設定をしておいた方が良いので、

その辺は他力ちゃんでURLを貼り付け

 

参考URL

Bash on Ubuntu on Windows をインストールしたらやっておいた方がいいこと

Ubuntu で apt-get update しようとしたらエラーが出た

Bash on Ubuntu on Windows の再インストール手順

Bash on Ubuntu on Windowsをインストールしてみよう!

Bash on Ubuntu on Windows を使ってみた

 

追記

上の参考URLを見てもらえれば書いてはありますが、

bashがどこにインストールされるかというと、

 

C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Local¥lxss

※¥は半角

 

になり、さらに、bashから見られるユーザーのフォルダはさらに下の

 

home¥bashのユーザー名

 

という階層にあります。

 

で、windows側で見られるとですね、フォルダ内をうっかり削除してしまうことがあるわけですよ

いや、普通はこんなところを開かないので、ないとは思いますが、うっかりとやってしまうことがあるわけですよ

 

そんなことを、bashの操作中にすると、そんなファイルやディレクトリはないよとか怒られるわけです。

 

例えば、ディレクトリを作ったり消したりしている最中にwindows側のフォルダを消してしまった例
 

 

ユーザーディレクトリにunixを作ってさらに下にtestを作って、

その最中にunixフォルダを削除(※)すると・・・

※ゴミ箱へ入れてさらに空にする、空にしなければ元に戻してあげれば下のようにはならない(たぶん)

 

rmdir: failed to remove 'path' : Permission denied

 

とか、lsしても

ls: cannot open directory. :No such file or directory

とか

 

しかし、ユーザー直下をlsすると作ったフォルダとかが存在しているような感じ。

 

試しにwindows側で誤って削除したフォルダ構成などを復元しても、

やはりコマンドが受付されなくなってしまう。

 

こうなってしまったら、どうにも操作ができなくなるので、

bash自体を終了(コマンドプロンプトを閉じる)しかないようだ。

 

閉じて再度bashを起動させると、中途半端に削除で残ってしまったディレクトリとかが

そもそもなかったことにされる(みたい)

 

ちなみに、普通にbashから作って上げて、

普通にbashを閉じて開いても、作成したディレクトリはちゃんと残っているので、安心してください。

 

あくまで、windows側でやってしまった場合のリセット方法まで

 

bash全体をめちゃくちゃにやらかしたら、

上の参考URLにある完全再インストール方法(lxrun)を行いましょう。

 

追記2

ところで、windows自体のディレクトリはどこにあるのかというと、

/mnt にマウントされたドライブがあるので、そこからたどっていけばよい

面倒なら ln コマンドでよく使う場所(/home/ユーザー/)などにシンボリックリンクを貼っておけばよい

 

追記3

ずいぶん前にMacからWinに分割ファイルを送る方法を書きましたが、

Bashが使える用になったので、Win側でもUnixと同じコマンドで分割、結合ができるようになりました。

追記170313

bashでsu(root権限)に入るには、

 

sudo su

 

で良いらしい

 

参考URL

Windows 10 Anniversary Update GAとBash On Ubuntu On Windows(長い)のインストール方法

 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

search this site.

よく使う、検索される投稿

categories

アマゾン

楽天

selected entries

archives

recent comment

  • iPhoneの着信音を新しいiPhoneに移動する
    iPhone 着信音 作成 (12/24)
  • MacでBlu-ray編 〜 BD-Rを焼く その4 無料のライティングソフトを使ってみる編
    rockecco (12/03)
  • あの、クラスとかメソッドとかプルダウンできるバーって〜Visual Studio 2015
    rockecco (12/03)
  • MacでBlu-ray編 〜 BD-Rを焼く その2
    rockecco (12/03)
  • あの、クラスとかメソッドとかプルダウンできるバーって〜Visual Studio 2015
    やま (11/29)
  • MacでBlu-ray編 〜 BD-Rを焼く その4 無料のライティングソフトを使ってみる編
    ブルーレイ 書き込み (11/20)
  • MacでBlu-ray編 〜 BD-Rを焼く その2
    ブルーレイ 焼く (11/13)
  • プリンセスパフュームのキーがいくつ出るか考えてみる
    Y. U. (11/09)
  • プリンセスパフュームのキーがいくつ出るか考えてみる
    rockecco (11/08)
  • プリンセスパフュームのキーがいくつ出るか考えてみる
    Y. U. (11/08)

recent trackback

profile


※当ブログはリンクフリーですが、 取材や雑誌等で掲載される場合は、事前にお知らせください

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM