ぴくっと反応

  • 2016.10.07 Friday
  • 08:03

 

飛翔体とか言われると反応しちゃうね

 

 

ミとかいうのがぶっ放されるとか

 

明日はソユーズ打ち上げ@ボストーチヌイ宇宙基地 → 延期

  • 2016.04.26 Tuesday
  • 23:14

とりあえず、日本から見えそうにありませんが、
明日ロシアの新基地ボストーチヌイ宇宙基地からロケットが上がります。

NOTAMに出るのかなと思っていましたが、
自分では探しきれませんでした。

海外を調べてみた限りでは、
P3648,P3649,P3650が今回のロケットの落下位置のようです。
あとニュージーランド周辺にも落下物があるとかないとか・・・。

いままでNOTAMは他人任せ(専門家任せ)だったので、
これを機に自分でも読めるようにしたいところですね。

追記160427
いま入った情報によると、延期になったようです。
今のところ明日以降

追記160428
無事打ち上げられました。

秩父吉田の龍勢祭に行ってみた

  • 2015.10.12 Monday
  • 23:43

ロケットやるなら一度は行っておけと言われながらも
なかなか行く機会がなかったお祭り

吉田龍勢祭

たまたま先日ドラマを見てい、急に思い立って鴻巣の花火大会の翌日ということもありハシゴです。

龍勢祭 秩父 吉田

龍勢祭 秩父 吉田

ちゃんとフェアリング内部には仕掛けもあり、

龍勢祭 秩父 吉田
こちらはドラマで使われたものだそうです


もちろん成功を願って打ち上げるのはロケットと同じですが、
成功すれば拍手喝采、失敗してもご愛敬。

ロケットとはまた違う感じで面白いお祭りでした。


知人の写真を真似して、配置してみた。

龍勢祭 秩父 吉田 

 

小笠原へ行こう フェリー編

  • 2014.03.12 Wednesday
  • 22:36

さて、前回書いたとおり、小笠原への交通手段は船(フェリー)しかありません。

今回は、その船に乗るまでを書き出してみます。

■のりば
フェリーは、東京(内地)は竹芝桟橋から、
小笠原(父島)は二見港から出ています。

竹芝側の乗り場は小笠原海運のホームページに詳しく書いてありますので、
他力ちゃんします。

軽く抜粋しておくと、JRの浜松町駅から10分、ゆりかもめ竹芝駅の目の前になります。

■乗船券
まず、乗船するためには基本的には予約が必要となります。
混雑していない場合は当日でも大丈夫そうですが(4番窓口)、逆に混雑していない時期がないかもしれません。
特に多客期は予約開始が通常と異なるようですので、行きたい日程が決まっているようならば、
ホームページ等は要チェックです。

こちらも小笠原海運のページに予約状況に関するページがありますので、他力ちゃんです。

ちなみに、私はツーリストを通じて予約購入しました。


■乗船手続き
予約も済んで、乗船当日です。
のりばは先に書いたとおりです。受付(搭乗券との引き替え)は8時半からですが、8時くらいには列ができています。

おがさわら丸に乗る

理由は早く並んだ方がより良い席(座席ではなく布団ですかね)になるからと言うのもあります。
もし船酔いが心配な人はできるだけCデッキ(二等なら)になるように早い時間から並んでおくことをお勧めします。
また、女性の場合はレディースルームというのもありますので、そちらも早めに行かないと無くなってしまいます。
ただ、酔いやすい人は避けた方がいいかな。理由は船の下の方で揺れやすい場所だからです。
その辺は自己責任でお願いします。

なお、座席指定はできませんので(端っこがいいとか、真ん中がいいとか)、
ある意味で小笠原渡航の最初の運試しとなります。

代理店やツアーで渡航される場合は、窓口が異なる場合がありますので、
ターミナルに着いたら、発券場所を確認されることをお勧めします。


おがさわら丸に乗る

乗船券を窓口に提示して、搭乗券と引き替えたら名前や住所を人名表に記入します。
記入したら、表の看板前に乗船時間前までに並びます。
(雨天の場合は分かりませんが、たぶんターミナル内になるのかな)

おがさわら丸に乗る

並ぶ順番は特に発券番号順(指定番号内の)というわけではなく、
ここでもやはり早い者勝ちとなります。
(ここに並ぶ時点で部屋の善し悪しが決まったり?)


そして時間が来ると乗船案内が始まります。

おがさわら丸に乗る

フェリーの乗船券についてはどこも同じですが、
必ず下船まで半券を所持しておかなければなりません。
紛失した場合=海で落ちたと見なされ、海保が救援に向かいます。
※本当になくしてしまった場合、半券をもらい忘れた場合は、下船前に案内所に相談しておきましょう。



だいたいこんな感じです。
父島での帰りも同じような流れになります。

ただし、ツーリストを返している場合はその案内にしたがって乗船手続きをすることになりますので、
ツーリスト側に問い合わせてください。


その他詳しいことはやはり小笠原海運のホームページに載っていますので、そちらをどうぞ。
不明点なども小笠原海運に問い合わせてください。



ちなみに、現在は船内ツアーは中止となっています。

おがさわら丸に乗る



1年も放置しましたが、小笠原丸の船内のパノラマをアップしました。



関連投稿
小笠原へ行こう 小笠原の場所
小笠原丸 de THETA


関連URL
小笠原海運


 

小笠原へ行こう 小笠原の場所

  • 2014.03.11 Tuesday
  • 21:27

ロケット関連とはちょっと違いますが、
まぁ、自分の場合は、それ目的なので。カテゴリーはその他の地域で分類です。

さて、まずはじめに、小笠原はどこ?という話から。

小笠原は東京都です。
東京都でも、東京は竹芝から1000kmくらい南にある離島です。
緯度は沖縄県とほぼ同じです。

小笠原は30くらいの島でできていますが、
人(一般)が住める場所は父島と母島で、人口は2500人くらいだそうです。

父島の面積は24km2で、車なら1時間程度で一周できます。




離島と言うことで、どうやって行くの?交通手段は何があるの?となります。

飛行機は・・・ありません。

交通手段は現在のところ船のみしかなく、
竹芝からおよそ25時間かかります。

そのあたりはまた次回

関連投稿
小笠原へ行こう フェリー編
小笠原丸 de THETA

関連URL
小笠原海運
 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

search this site.

よく使う、検索される投稿

categories

アマゾン

楽天

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile


※当ブログはリンクフリーですが、 取材や雑誌等で掲載される場合は、事前にお知らせください

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM